未分類

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

センチュリーホームの評判って?失敗・後悔しない家づくりの為に知りたい口コミと坪単価2020

 

新築一戸建てを検討されている方でセンチュリーホームを利用したい方。

すでに口コミや評判のチェックは済んでいるでしょうか?

この記事ではセンチュリーホームを利用して家を建てた方の生の声、そしてセンチュリーホームを利用するメリット・デメリットを解説していきます。

気になる坪単価や特徴なども紹介するので、ハウスメーカー選びの参考にしてみてください。

また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。

それは、少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。

住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。

一番最初に行うべきは、自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。

しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。

また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。

最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。

ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。

そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求サービスです。

予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。

運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。

スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求はこちら⇒

前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。

それではここからセンチュリーホームの評判や特徴について、詳しく解説をしていきます。

もくじ

センチュリーホームの生の評判・口コミまとめ

茨城県を中心に営業しているハウスメーカーのセンチュリーホームの口コミ・評判をまとめました。

事前に良い評判や悪い評判話をチェックしておきたい方は検討材料にしてください。

センチュリーホームの悪い評判・口コミ

家の建築をセンチュリーホームへ依頼した方の口コミを調べた結果、不満を抱いている口コミもいくつかありました。

ご利用の際に気をつける点が見えてくると思うので、事前にチェックしておきましょう。

<営業さんによってアフターフォローの対応が違うようです。

私のご近所さんを担当されている営業さんは、こまめに連絡をくれているようですが、私のところには電話も来ません。

営業さんごとに対応が違うのはちょっと気になる部分です。>

<ローコストで家を建てるか、デザインにこだわるかを選べる点はとても良かったです。

ただ営業さんにお任せしてしまうと、追加費用がかかって予算を超えてしまいます。

私がしっかり希望を伝えなかったのが悪かったんですが、あくまで施主がイニシアチブを取っておくべきだったと思います。>

センチュリーホームの良い評判・口コミ

次にセンチュリーホームの良い口コミや評判をリサーチしました。

良い口コミが多く、住宅についての満足度は非常に高い印象です。

<新築戸建てを依頼して15年。

しっかりフォローもしてくれていますし、いまだにお気に入りの我が家です。

コスト・デザインを比較してもコスパが良いと思います。

悪い口コミを書いている人もいますが、きちんと営業さんと相談されなかったんじゃないかと思います。

こちらが要望を伝えれば、しっかり対応してくれる業者さんですよ。>

<ゴージャスな家からシンプルな作りのデザインまで幅広いのが気に入りました。

将来のことも考えたら、メンテがしやすいシンプルでコストが低いものを選びたかったからです。

デザイン性も良いですし、満足のいく家が建てられました。>

<電子キーや瓦などが標準装備でコスパが良い!

知り合いの職人さんに紹介してもらいましたが、評判通り安くてお買い得でした。

他のハウスメーカーさんだとオプションになるようなものが標準価格に含まれています。

総合して見積もりを取ると、他のハウスメーカーさんより安いと思いますよ。>

資料請求をまとめてする⇒

センチュリーホームのデメリット

ハウスメーカーを選ぶにあたり、評判の次に気になるのはデメリット。

ローコストが売りのセンチュリーホーむですが、いくつか気になる点を紹介します。

センチュリーホームを利用する1つ目のデメリットは、営業担当によってアフターフォローなどのサービスに差が出ることです。

これはセンチュリーホームに限ったことではありませんが、営業によっては建築後全く連絡がないなんて口コミも。

もちろん施主側からリクエストすればフォローしてはくれますが、誠意を感じないという声もあるようです。

2つ目のデメリットは、オプションがやや高額な点です。

標準規格で電子キーや瓦などが装備されていますが、その他オーダータイルなどを注文すると追加料金がかかります。

本体価格が安い代わりにオプションは高めなので、結局予算が思った以上にかかったという人もいました。

センチュリーホームの5つの特徴・メリット

ハウスメーカー選びには特徴やメリットのチェックは欠かせません。

センチュリーホームの5つの特徴・メリットを紹介します。

①コスパの良いローコスト住宅を建築できる

センチュリーホームは広告費を削減し、CMなどを極力打たないようにしています。

その他展示場を単独で展開する、パートナー企業との連携を強めるなどして資材も高品質なものを使用。

安くても品質が高い住宅を提供しているハウスメーカーです。

②東北大震災でも倒壊0の高い耐震性

高いレベルの耐震性を誇る住宅を提供しています。

かの3.11大地震でも倒壊が0、地震が多い国である日本でも安心して暮らせる住宅づくりを追求しているのです。

③現金取引をすることでレベルの高い職人を使用

建築業界では半年先の手形払いが当たり前ですが、センチュリーホームは現金取引をモットーとしています。

そのため優秀な職人が集まりやすく、技術力を結集した住宅を建てることができるのです。

パートナー企業との連携も強いので、欠品などによる工期の遅れも少なく安心して建築を任せることができます。

④自己資本比率が高く倒産の危険が少ない

建築途中にメーカーが倒産し、工事が中断という恐ろしい話があります。

しかしセンチュリーホームは自己資本比率が77%以上、借り入れもない経営状態なので限りなく倒産リスクが低いのです。

安定した経営状況の会社だからこそ安心して住宅建設を依頼できます。

⑤神奈川・茨城・熊本と広い範囲で展開

センチュリーホームは神奈川・茨城・熊本と広いエリアで展開しています。

通常関東エリアのみ、など一部地域に限られることが多いのですが、対応エリアが広いのも嬉しいポイント。

関東近郊、そして熊本まで住宅建築を依頼できるハウスメーカーです。

資料請求をまとめてする⇒

センチュリーホームの注文住宅の価格・坪単価

センチュリーホームの注文住宅は4種類のラインナップがあります。

・SSノリムⅡ

・SレーライⅡ

・MSホープ

・キューブ型住宅

建築エリアや坪数によって価格が変動します。

平屋建てにも対応でき、リクエストにも柔軟に対応してくれるのが特徴です。

坪単価の範囲は20〜50万円程度

センチュリーホームの坪単価は20万円〜50万円程度です。

建築地域にもよりますが、センチュリーホームは資材の仕入れを工夫するなどコスト削減により坪単価を下げることに注力しています。

坪単価は40万円を下回れば低価格と言われているため、これはかなりお得な金額でしょう。

センチュリーホームで注文住宅を依頼する際の流れ

次にセンチュリーホームで注文住宅を依頼する際の流れを簡単に解説します。

STEP①展示場見学

展示場を見学し、理想の住宅の希望を相談しましょう。

標準規格やオプションについてもその場で質問できます。

STEP②現場見学

実際に現場で広さや間取りなどを確認します。

イメージが膨らむまで何度でも見学可能です。

STEP③建築計画・予算の相談

営業担当と建築計画や予算を相談します。

月々の返済の相談にも乗ってもらえるので、気軽に相談してみましょう。

STEP④10回弱の詳細打ち合わせの実施

5〜8回程度の打ち合わせを行い、初期のプランをより具体的に検討します。

仕様の検討や資材の希望があれば、この時点で伝えておきましょう。

この段階を過ぎるとデザインの変更がきかないので、要望があれば遠慮なく担当に伝えてください。

STEP⑤敷地・役所による調査

役所による敷地のチェックや水道局による確認を行い、建築が可能かどうかを確認します。

STEP⑥見積もり提示

チェックが終わったら見積もりを出してもらい、合意ができたら契約、プランニングを開始します。

STEP⑦プランや仕様調査

住宅のプランニングや地盤調査を行い着工します。

その後地鎮祭などを行い工事を開始します。

STEP⑧土台作り〜未完検査

土台づくりを行い、着工します。

未完検査という第三者機関による安全調査も行われます。

STEP⑨最終チェック

施主立会で最終チェックを行います。

問題なければ鍵の引き渡しが行われます。

資料請求をまとめてする⇒

センチュリーホームの住宅の商品ラインナップ

センチュリーホームで提供している4つの住宅ラインナップとその特徴を紹介します。

SSノリムⅡ

2階建から平屋建てまで柔軟に対応できる住宅です。

標準装備にプラスして、自由に設計やオプションを付け加えられる自由度が魅力。

シンプルで飽きのこないデザインが人気の商品です。

SレーライⅡ

バスルームやキッチンを広々と使いたい方向けの商品です。

SレーライⅡも自由設計のため、坪数に合わせてデザインを変更可能。

平屋、2階建などしようも選ぶことができます。

ゴージャスな外観と内装が特徴です。

MSホープ

尺モジュールを採用することにより、狭い土地も広々使えるのが特徴の商品です。

モジュールとは建築の規格の1つで、メーターモジュール(1区画が1メートルとする単位)よりも小さな企画で建築ができるのが魅力。

まだ建築地が見つかっていない方でも設計がしやすいのが特徴です。

キューブ型住宅

シンプルな外観のキューブ型住宅は、土地が狭くても広々使えます。

低価格かつデザイン性も高いので、若いご夫婦に人気の商品です。

土地の面積を抑えて効率よくスペースを利用したい方におすすめです。

センチュリーホームは都内で住宅展示場を実施中!

実際にセンチュリーホームの住宅を見たい方は、展示場に行ってみましょう。

・牛久店展示場

茨城県牛久市上柏田4-19-1

・熊本店展示場

熊本県熊本市東区御領8-7-1

センチュリーホームの平屋住宅の概要・特徴

センチュリーホームでは平屋住宅の建築も可能です。

・SSノリムⅡ

・SレーライⅡ

・MSホープ

上記3つのラインナップは、平屋でのプランにも対応しています。

土地の広さに合わせて柔軟に建築規格を変更できるのもセンチュリーホームの魅力と言えるでしょう。

センチュリーホームの建売住宅の概要・特徴

基本的には商品ラインナップを選ぶ注文住宅がメインです。

センチュリーホームは商品ラインナップを選び、自由にデザインやオプションを付け加えられます。

自由度が高くデザイン性の高い住宅をコスパ特建築可能です。

資料請求をまとめてする⇒

センチュリーホームの会社情報

最後にセンチュリーホームの会社情報を紹介します。

センチュリーホームの会社概要

社名:株式会社センチュリーホーム

本社:茨城県水戸市大塚町1993-3

TEL:0120-610-070

センチュリーホームが対応しているエリア

・東京都

・神奈川県

・千葉県

・埼玉県

・栃木県

・群馬県

・茨城県

・熊本県

まとめ

茨城県を中心に関東、熊本で展開しているセンチュリーホームについて紹介してきました。

コスパが高く自由度の高い住宅を建てられると有名なハウスメーカーで、口コミも上々です。

技術の高い職人を使用すること、また倒産リスクが低いことからも安心して利用できるメーカーと言えるでしょう。

ハウスメーカー選びで迷っている方の参考になれば幸いです。

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v