未分類

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

コンフォートハウスの評判って?失敗・後悔しない家づくりの為に知りたい口コミと坪単価2020

 

熊本・長崎で注文住宅を検討されている方コンフォートハウスの情報はチェックされましたか?

平屋住宅も多く提供しているハウスメーカーで、家を家族の一員にすることをコンセプトとしているハウスメーカーです。

今回はコンフォートハウスの口コミを調査し、本当に快適な暮らしができるのかをまとめました。

注文住宅の建築を検討されている方は参考にしてみてください。

また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。

それは、少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。

住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。

一番最初に行うべきは、自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。

しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。

また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。

最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。

ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。

そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求サービスです。

予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。

運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。

スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求はこちら⇒

前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。

それではここからコンフォートハウスの評判や特徴について、詳しく解説をしていきます。

コンフォートハウスの生の評判・口コミまとめ

平屋住宅を提案するコンフォートハウスの口コミを紹介します。

コンフォートハウスを利用して住宅を建築、購入した方の口コミをまとめました。

良かった点、悪かった点をどちらも載せているので、双方の意見を見てみましょう。

コンフォートハウスの悪い評判・口コミ

コンフォートハウスへ依頼した方の口コミを調べた結果、悪い口コミもいくつか見つかりました。

利用者がどんな点に不満を持ったのかまとめています。

 

<平屋をメインに提供しているけど、余裕のある間取りを望むなら土地の広さが必要。

資金的に余裕がないと建築が難しいかも…。

うちはそこまで広い土地を買えなかったから、しょうがなく諦めました。

結果的に2階建で割安にしてもらえたけど、平屋ってそんなに簡単に建てられるものでしょうか?>

 

<窓が大きくて開放的な作りに惹かれて購入しました!

天気が良い日は光が入り、とっても心地よいのですが…。

断熱構造ではあるようですが、真冬はやっぱり寒い。

冬の寒さ以外は最高なんですが、季節によってはちょっと後悔します。>

 

コンフォートハウスが提唱する平家についての悪い口コミが少々ありました。

まず平家建設には面積が必要であること、次に冬はやや寒いのが難点のようです。

ただコンフォートハウスは40坪の面積に平家を建てた事例もあるので、地下室などを設置すれば理想の住宅を作れる可能性があります。

面積の広さ的に難しいと思う方は一度営業担当に平家でも問題ないか聞いてみると良いですね。

また窓が大きくて開放的な作りにしたものの、冬は寒いという声も。

断熱構造、サッシが標準装備になっていますが、土地によっては気温が下がってしまうこともあるようです。

気温変化が心配な方はオプション工事ができる可能性があるので、懸念点を相談してみてください。

コンフォートハウスの良い評判・口コミ

次にコンフォートハウスの良い口コミや評判をリサーチしました。

平屋の動きやすさや中庭に満足している方が多いようです。

 

<平屋は土地は必要だけど、やはり階段がなくて移動が楽です、

広々としていて、間取りも余裕があって開放的。

料理中も子供に目が届きやすくて、気が散ることが少なくなりました。

家族が集まる家づくりができるコンフォートハウスさんの平屋にして良かったです。>

 

<中庭はメンテが大変かと思いましたが、砂利とタイルにすればメンテも簡単。

人目も気にならず、洗濯物を干しっぱなしでも良いので便利です。

正直平家って開放的すぎて心配でしたが、間違ってました。

営業さんが中庭を提案してくれて本当に良かった!>

 

<断熱性能も良く、サッシが標準仕様なのが気に入りました。

真冬はちょっと寒い時もありますが、ストーブを使っているので気になりません。

サッシもしっかりしているので、吹き込みもなくて私は暖かい方だと感じますよ。

平屋のデメリットをカバーする装備がついているのは嬉しいです。>

 

コンフォートハウスはやはり平家を注文された方がとても多かったです。

良い口コミは、移動が楽なことや中庭の機能性、そして断熱性の高さが上がっていました。

平家は導線がシンプルになり、階段の上り下りがないので移動が楽なんですよね。

我が家も平家ですが、掃除も楽なのでこの点はとてもおすすめです。

また中庭を建築された方は、人目を気にしなくて良い点と洗濯物を干しっぱなしでも良い点を褒めていました。

平家はプライバシーが気になるという方もいますが、構造次第ではしっかりプライバシーを守れます。

また断熱性能が良いという声もありましたので、冬でも暖かく過ごせるようです。

資料請求をまとめてする⇒

コンフォートハウスのデメリット

ハウスメーカーを選ぶにあたり、評判の次に気になるのはデメリット。

満足したというクチコミもありますが、デメリットも把握しておきましょう。

コンフォートハウスを利用する1つ目のデメリットは、平屋希望の場合土地探しが大変ということです。

平屋を建てるにはある程度の面積が必要なので、土地を今から探す方は面積確保に苦労します。

良い土地が出たら即動くくらいの行動力が必要です。

ネットの書き込みですが、コンフォートハウスで平家建設を検討していたのに土地が見つからなくて頓挫している方もいました。

過去の40坪の面積に平家を建築した実績があるので、多少狭い土地でも建築ができる可能性があります。

一度営業担当に相談してみると良いでしょう。

2つ目のデメリットは、集成材による建築を行うこと。

将来的に家を解体する場合、集成材は燃やして処理することができません。

性能が高く、鉄やコンクリートにも負けない強度を誇る優秀な素材ですが、廃棄するときは少々不便。

一生住み続ける予定であれば問題ありませんが、建て替えや引っ越しを考えている方はその時に困る可能性があります。

家を建て替えすることなどを考えると、資材についても検討した方が良いでしょう。

コンフォートハウスの5つの特徴・メリット

コンフォートハウスの5つの特徴・メリットを紹介します。

ハウスメーカーを比較検討段階中の方は、他社の特徴と比べてみてください。

①完全注文住宅で個性を出せる

1棟1設計の完全注文住宅で、自分だけのマイホームを作れます。

他の家とデザインが被らない、隅々までこだわった家を作りたい方にぴったりです。

あえて基本プランを作らないことで、個性を出した住宅作りをすることができます。

床の間を作りたい、中庭を作りたいなど様々な要望を丁寧に聞き出し、かなえる家を作ってくれるハウスメーカーです。

平家を推奨していますが、もちろん2階建建設なども可能なので安心してください。

②保証や保険が豊富で安心

コンフォートハウスの注文住宅には、様々な保険や保証が付帯されます。

住宅建設瑕疵担保保険、地盤サポートシステムなど安心できる保証がたくさん。

シロアリ防除工事、JOTOキソパッキング工法保証を使用して建築した場合は5年間の保証もつきます。

家守りセンターという専門部署を設け、計4階の点検を行い、トラブルが起きた時にはすぐにサポートできる体制も設置。

住宅自体の保証期間も10〜20年間と長期なので、長年住む住宅購入の後押しになるでしょう。

③標準仕様がハイグレード

コンフォートハウスの標準仕様は日本最高水準のメーカーと提供したハイグレードなもの。

屋根にはケイミュー 遮熱コロニアルグラッサを使用しています。

ケイミュー 遮熱コロニアルグラッサはテストの結果、30年経っても色調が変わらないという結果が出た劣化に強い素材。

内装にもTOTOやLIXIL、PANASONIC製品を使用しており、国内性の安全な製品を使用しているのも安心のポイントです。

キッチン、屋根、外壁にもこだわり、コストを抑えても機能性の高い商品を利用できます。

さらに標準仕様も多彩なシリーズから選択可能です。

④構造や劣化対策が充実

耐震性だけでなく、経年劣化を防ぐ対策を重視しています。

集成材を使用することで、鉄やコンクリートと同レベルの強度を実現。

木材保存技術は「乾式加圧処理装置」を用い、防腐性やシロアリ対策を実施しています。

経年劣化は仕方のないことですが、なるべく長く住めるようにしっかり対策しているのです。

⑤コスト削減によるローコスト住宅を提供

資材メーカーとの直接取引により、マージンコストを削減しています。

通常資材を取り寄せる際は、卸から仲介業者を通すことで仲介料が発生し、エンドユーザーの手に渡る時には費用が高額になります。

しかしコンフォートハウスではコストを抑えることで、資材の質を落とさずに低価格で注文住宅を建築可能にしているんです。

クオリティを維持し、コストパフォーマンスの良い家を提供しています。

資料請求をまとめてする⇒

コンフォートハウスの注文住宅の価格・坪単価

1棟1設計がコンセプトのため、商品ラインナップ等はありません。

施主の希望に合わせて綿密な打ち合わせを重ね、理想のマイホームを提供します。

コンフォートハウスはフラットスタイル(平屋)を推奨。

家族構成や掃除の楽さ、年齢を重ねた後でも住みやすいのがメリットです。

またZEH設計も推奨しており、省エネかつエネルギーを作り出す太陽光発電の設置も可能。

国が推奨するエコ設計の住宅も建築できます。

坪単価の範囲は40万円〜60万円程度

コンフォートハウスの注文住宅の坪単価は40〜60万円程度です。

ローコスト住宅の基準は40万円以下なので、かなり手頃な値段で住宅を建築できます。

特に平家は坪単価が高いのではと心配される方が多いですが、この値段を見ればどちらかというと低価格で実現できることが分かりますよね。

資料請求をまとめてする⇒

コンフォートハウスで注文住宅を依頼する際の流れ

コンフォートハウスで注文住宅を依頼する際の流れを簡単に解説します。

STEP①ヒアリング

担当者が丁寧に要望をヒアリングし、要望に合わせてデザインを提案します。

STEP②プランニング

ヒアリング内容をもとに設計などを提案、プランニングを行います。

STEP③見積もり・仕様決定・設計

プランニング終了後に見積もりを提出、使用の決定などを行い設計に入ります。

STEP④着工〜完成

着工から本工事に移行し、完成まで進みます。

STEP⑤引き渡し

最終チェック後に引き渡し完了です。

鍵を受け取りましょう。

コンフォートハウスの注文住宅の商品ラインナップ

コンフォートハウスは1棟1設計の注文住宅がメインとなります。

他の家とかぶらないオリジナルの住宅を建築できるのが魅力。

モデルルームも開場しているので、コンセプトや機能の確認をしてみましょう。

コンフォートハウスは平家を推奨していて、圧倒的にフラットスタイルの建設実績も多いです。

導線がシンプルで小さなお子様がいる家庭でも目が届きやすく、安心して料理など家事を行えるのもポイント。

さらに将来的に外壁のメンテナンスを行う際も、2階建よりも安価で行えます。

また空間を利用してロフトや吹き抜けを作ることもできるため、立体的な構造も実現できますよ。

資料請求をまとめてする⇒

コンフォートハウスは各地で住宅展示場を実施中!

モデルハウスにて標準仕様や設備の確認、イメージを膨らませましょう。

・大村森園・平屋モデルハウス

長崎県大村市森園町1631番

・東長崎・平屋モデルハウス

長崎市東町2147-2

・アンビーハウジングパーク・平屋モデルハウス

熊本県合志市竹迫字桜山2286

・熊日八代住宅展・平屋モデルハウス

熊本県八代市上片町1675-1

コンフォートハウスの平屋住宅の概要・特徴

コンフォートハウスでは積極的に平屋住宅を推奨しています。

移動が楽であること、お掃除の手間がないことが一番のメリット。

また家族構成が変わったり、生活スタイルが変わっても長く住んでいける住宅です。

開放的なデザインながら中庭を設置することでプライバシーや機能性も補填。

40坪の土地に平屋を建築した実績もあるので、土地が狭い場合も相談に乗ってくれます。

過去の施工実績を確認すると、大きな窓があり開放的なものから外壁を設置してプライバシーに配慮したものも様々。

車庫をつけたい、中庭をつけたいなどの要望にも答えられるので、どんどん理想を伝えましょう。

資料請求をまとめてする⇒

コンフォートハウスの建売住宅の概要・特徴

施主それぞれの要望に合わせた注文住宅がメインです。

建売情報は現在公開されていません。

コンフォートハウスの会社情報

コンフォートハウスの会社情報を紹介します。

コンフォートハウスの会社概要

社名:株式会社コンフォートハウス

本社:熊本県熊本市東区健軍本町1-8

TEL:096-367-6244

コンフォートハウスが対応しているエリア

・熊本県

・長崎県

まとめ

平屋住宅を推奨するコンフォートハウス、もちろん2階建ての建築も可能です。

1棟1設計なので、ご自身が納得するまで作り込んだ住宅をローコストで建築できます。

標準仕様もハイスペックなため、低価格でも安心して機能性の高い住宅に住むことが可能。

平屋に興味がある方はぜひモデルルームへ行ってみてください。

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v