ハウスメーカー

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

アイフルホームの評判って実際どう?坪単価や価格、特徴・メリットをわかりやすく解説!

 

家を建てたい人

いろいろなハウスメーカーを見ているけど、アイフルホームが今のところ候補の一つだわ。

でも、もう少し具体的な特徴や、アイフルホームで実際に家を建てた人の口コミなんかを聞いてみたい!

アイフルホームの運営会社は株式会社LIXIL住宅研究所。LIXILの設備とローコストが特徴のハウスメーカーです。

ハイコストの住宅はもちろんそれなりの価値があるでしょうが、住宅という高い買い物。

それぞれに予算はありますよね。アイフルホームの住宅はローコストでリーズナブル。

購入を検討されている方もいるでしょう。

ですが実際に、購入するとなるとどれくらいの価格で、どれだけの性能の家が建つのかは気になるところですよね。

そこでアイフルホームの

  • ・実際に購入した方の口コミ
  • ・アイフルホームで購入したときのデメリット
  • ・アイフルホームをおすすめするメリット、特徴
  • ・商品ラインナップ

など、について詳しくご紹介します!

ハウスメーカー選びに悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

アイフルホームの生の評判・口コミまとめ

住宅を建てるときに一つの指標になるのが口コミや評判です。

実際に建てた方の感想は参考になるもの。そこで、アイフルホームについての口コミを調べてみました。

アイフルホームの悪い評判・口コミ

アイフルホームを利用した人

LIXILの設備や素材を使っているので、品質はいいと思います。ですが結局は工務店との契約になるので、そこが差の出るところだと思います。

私は、対応してくれた代理店のイメージが良くなかったので辞めました。

アイフルホームを利用した人

フランチャイズなので、店舗間で価格が大きく異なっています。コンビニの商品のように均一化するわけにはいかないようですね。

各店舗の経費などが違うので当然かもしれませんが…。フランチャイズ店により当たりハズレがあるようです。

悪い口コミには、フランチャイズであるがゆえに、価格や対応に違があるというものが多いように感じました。

アイフルホームの良い評判・口コミ

アイフルホームを利用した人

家を建てたいと考え、アイフルホームの見学会に行ったのは軽い気持ちからでした。近くを通りかかったので立ち寄ってみたのです。

ですが、一目でキッズデザインを気に入ってしまいました。私たちは共働きで打ち合わせ等に伺える時間が不規則でしたが、担当営業の方は、嫌な顔一つせずに付き合って下さいました。

建築中に突然立ち寄っても、大工さんも快く見せてくれたのが好印象でした。完成をとても楽しみにしていましたが、実際に建った家にも大変満足しています。

アイフルホームを利用した人

目を付けていた土地を管理していたのがたまたまアイフルホームだったこともあり、検討することになりました。

営業の方の知識がとても豊富で、打ち合わせの回数は多くて大変でしたが、その分間取りや内装まで、自分たちの希望を全て取り入れることができました。

オリジナリティの高い住宅を建てたい方にはお勧めのハウスメーカーだと思います。アフターフォローもしっかり対応してくれるので安心です。

アイフルホームを利用した人

工務店やハウスメーカーをどこにしようか悩んでいるときにアイフルホームと出会いました。家は高額の買い物なので他のメーカーの話も聞きに行きましたが、同じ予算内での提案力が高いアイフルホームに魅力を感じました。

具体的に言うと、ハウスメーカーには基準としている設計があって、こちらの希望がそこから逸脱すればするほど価格がどんどん上がり、対応できないと言われることもしばしばありました。

もちろんアイフルホームでもできないことや予算オーバーなことはありましたが、一番理想とする住宅を提案してくれたハウスメーカーでした。

家を建てたあとも煩わしくない程度の付き合いで訪問してくれるので、大変感謝しています。

このようにアイフルホームではやはり低価格であることと、営業の方への好意的な意見が多く見られました。

 

~今月の人気記事~

家を建てるときに絶対にやってはいけないこととは?

ハウスメーカーランキング2019(令和元年)~坪単価や評判からプロが選ぶおすすめハウスメーカーと工務店

アイフルホームのデメリット

ではアイフルホームで家を建てたときにデメリットとなることはなんでしょうか。

フランチャイズ制

アイフルホームは住宅業界において、フランチャイズの先駆けとも言えるメーカーです。

そのため業界でも最大規模、250近くの工務店が加盟しています。

フランチャイズ経営により、コスト削減を実現しています。

やはり家は高額な買い物ですから、価格を抑えられるところは抑えたいものですよね。

そんな要望を叶えてくれるのも、フランチャイズ経営ならではです。

ですがデメリットになりうるのもその制度。

それぞれの加盟店が対応することになるので、店舗によって違いがあるようです。

アイフルホームというメーカー名だけでなく、依頼する加盟店(工務店)についてもよく調べておく必要があると言えるでしょう。

応用が利きにくい

アイフルホームの一番の特徴はその価格の安さ。

大手ハウスメーカーが坪単価60万~80万円であるのに対し、アイフルホームでは40万円台から建てることができます。

その理由は大きく挙げて二点。

一つは、フランチャイズ制の導入により、資材をまとめて購入。

仕入れ価格を抑えることができるから。

もう一点は、アイフルホームはLIXIL住宅研究所が経営しているので、その設備を使用することができるから。

ですが、このことでデザインや資材、設備には一定の基準が設けられ、応用が利きづらいということもあるようです。

別の物を取り入れようとすると、オプションが高くなってしまう傾向にあるのは仕方がないことかもしれません。

アイフルホームの5つの特徴・メリット

では、アイフルホームで実際に家を建てるとどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

①ローコスト

アイフルホーム最大の特徴がローコスト住宅であるということ。

ローコストで提供できる理由が主に2つあります。

フランチャイズ制

アイフルホームはハウスメーカーでは、フランチャイズ制の先駆けとも言われています。

フランチャイズ制を敷くことによって、本部で資材を一括購入できます。

これによりその他の大手ハウスメーカーと同じく豊富な資材を低価格で提供することができるのです。

またフランチャイズ製のポイントは、どこで購入しても同品質の物が買えるということですよね。

どこの加盟店に依頼しても同じ品質の物が提供されるという安心感もあるでしょう。

LIXIL製品を導入

アイフルホームを経営しているのは、LIXIL住宅研究所

LIXILは住宅設備やリフォームなどを取り扱う住まいと暮らしの総合企業。

このLIXILの設備や資材を使用することで、大幅なコストカットを可能にしています。

またLIXILは大手企業ですから、LIXIL製品を安価で取り入れられるのも大きな魅力の一つです。

②安全性

住宅は高額な買い物ですから、なるべくコストを抑えたいところ。

ですがせっかくローコストで建てても、安全性が確保されていなければ意味がありませんよね。

アイフルホームの住宅はローコストでありながら、きちんとした安全性が確保されています。

耐震性はもちろん耐火性にも優れているとなれば、コストパフォーマンスの良さはとても魅力と言えるのではないでしょうか。

耐震性

耐震性の高い住宅を建てるには、しっかりとした基礎・基盤が必要です。

アイフルホームの地盤調査は、一般的な住宅建設の際に行われている調査方法をさらに進化させたもの。

より的確な調査をしています。

さらに、耐震等級は3相当。

耐震等級とは国土交通省が認定している「住宅性能表示制度」で、3は最高ランクに値します。

その耐震性を支える一つが、「高耐力コア」

壁の耐震力の強さを表す壁倍率を、通常の筋交いの最大8倍に。

強固な住宅を実現します。

もう一つ、重要な役割を果たしているのが「テクノスター金物」。

従来の住宅は接合部が弱く、土台から柱が抜けることが倒壊の大きな原因となっていました。

テクノスター金物による接合は、従来の資材をはめ込むために行っていた複雑なカット法からシンプルなカット法にすることを成功させました。

資材を削り取る必要がないので、強い強度が保てるのです。

そして、どんなに強固な構造を作り出していても、床がしっかりしていないと耐震力は落ちてしまいます。

アイフルホームでは剛床工法を採用。

床と梁を一体化することでより耐震性をアップ。

強い地震や繰り返す地震から、住宅のねじれやゆがみを抑えます。

耐火性

アイフルホームの住宅は「省令準耐火構造」です。

これは住宅基準法で定められている「準耐火構造」に準じた構造のこと。

  • ・外部からの火が移りにくい
  • ・火災が発生しても一定期間部屋から火を出さない
  • ・延焼を遅らせる構造

この3つを特徴とした安全性をもつ住宅です。

そのため一般の木造住宅に比べて火災保険が安く済むというメリットもあります。

③耐久性

耐久性の強さも住宅を購入する上では重要なポイントではないでしょうか。

すぐに劣化してしまう住宅はメンテナンス費用もかかります。

また長く住むことが難しくなってくることも。

その点アイフルホームは優れた耐久性のある素材を使用しているので安心です。

高性能外壁

メンテナンスが特に必要となってくる部分が外壁ではないでしょうか。

外観の見た目は住宅の美しさの印象とも直結します。

アイフルホームの外壁は、プラチナコート

これは従来の塗料をさらに進化させたもので、通常は10~15年で必要だった外壁の塗り直しを延長させ、より長い期間美しさを保つことができるものです。

また、水によって洗い流すことで汚れが落ちやすいマイクロガードも採用。

このマイクロガードが、雨が降ると自動で外壁を洗浄してくれるような効果を与えてくれます。

高性能屋根

雨風や太陽光から守ってくれる重要なパーツが屋根。

そのため劣化もしやすくなるものです。

アイフルホームの高性能屋根は、表面をガラスコーティング。

紫外線による劣化を防ぎます。

そして実験により、高い防水性と防風性が実証されているので、長期間使用しても劣化しにくく、長持ち。

メンテナンスの費用を抑えることができます。

④快適性

安心で長持ちする住宅はどのメーカーも力を入れているところ。

さらに追加したいのが快適な暮らしではないでしょうか。

アイフルホームの住宅は快適性にもこだわっています。

断熱性

アイフルホームの住宅で特に定評があるのが断熱性です。

HQP(ハイクオリティパネル)と呼ばれる高性能の断熱材を使用。

高気密・高断熱の住宅を提供しています。

室内の空気環境

室内の空気環境もしっかり考慮されています。

第1種ダクトレス熱交換換気システムを設置。

これは、室内の暖かい空気や冷たい空気の排出を抑えた換気システムです。

室内の快適な温度の約6〜8割を取り戻せるので、冷暖房費の節約にもなり、省エネを可能にします。

また、高性能フィルターを使用し、PM2.5や外気の汚れの侵入を防ぎます。

室内がいつでも綺麗な空気なのは大変気持ちが良いものですし、健康にも配慮されているので安心な住宅です。

建材へのこだわり

アイフルホームでは健康的で快適な生活のため、建材にもこだわっています。

建築基準法で定められた箇所は全てJIS・JAS最高等級の「F☆☆☆☆」を使用。

フローリングや畳にも、防虫・抗菌処理が施されているので、小さな子供がいる家庭でも安心です。

アイフルホームの注文住宅の価格・坪単価

ローコストと言われているアイフルホームの坪単価はいくらくらいになるのか調べてみました。

坪単価の範囲は20万円~55万円

およその平均坪単価は40万円~50万円の辺りになるようです。

坪単価40万円代はとてもリーズナブルですね。

ハイコストメーカーでは80万円を超えることもありますし、中間価格帯でも坪単価55万~70万程度が多いので、40万円台はとても安いのではないでしょうか。

そして最も特徴的なのが「i-Prime7」。

インターネットで販売されるこちらの住宅シリーズはなんと坪単価20万円台~建てることが可能です。

アイフルホームで注文住宅を依頼する際の流れ

実際にアイフルホームで注文住宅を建てるときの流れについてご紹介します。

STEP①予算を立てる

住宅を建てるためにまずは予算を立てます。

どれくらいの金額ならローン返済が可能か考え、住宅費用を算出します。

STEP②希望する家作りを計画する

どのような家を建てたいか、イメージを膨らませます。

せっかく注文住宅を建てるのですから、各家庭のライフスタイルに合った住宅を建てたいですよね。

あとから後悔しないようしっかりと家族で話し合っておきましょう。

STEP③情報収集を行う

まずは展示場を見学したり、資料を取り寄せたりして、情報を集めます。

また、住みたい土地や、その土地の状態についても調査しておきます。

STEP④契約を行う

商品を決定し、契約をします。

住宅ローンの契約も同時に行います。

STEP⑤設計プランの打ち合わせ

間取りや設備など、詳細を打ち合わせします。

しっかりと設計プランを立てましょう。

オプションなどにより変更された見積もりを最終決定します。

STEP⑥施工

施工前にはきちんとご近所への挨拶、地鎮祭、上棟式を行ってから施工に取り掛かります。

建てたあとは、検査に立ち会い問題なければ引き渡しとなります。

アイフルホームの住宅の商品ラインナップ

アイフルホームの商品ラインナップは、細かいタイプは色々ありますが、大きく分けると主に5種類です。

その中で特にメインとなる商品をいくつかご紹介したいと思います。

セシボシリーズ

アイフルホームのメインラインナップがこのセシボシリーズ

二階建ての注文住宅です。

家族向けの住宅で、至るところで生活しやすいような提案がされています。

設計やデザイン、間取りは全て自由。指定されたものから選ぶわけではないので、各家庭にぴったりと合う家を建てることができるのは嬉しいポイント。

アイフルホームが特に力を入れているのが断熱性。

急激な温度変化はヒートショックを起こす危険性があります。

アイフルホームの断熱性の高い住宅は、家の中の温度をなるべく一定に保てるようになっています。

さらに断熱性の低い住宅では、自宅内で熱中症を引き起こすこともありますが、アイフルホームの住宅は断熱性が高いので、その心配も軽減。

お年寄りから子供まで安心して暮らせる住宅になっています。

スプリーム

アイフルホームの3階建て住宅がスプリームです。

狭い土地というデメリットを、住宅を上へ広げることで解消。

土地が限られている都会にもおすすめされる商品です。

また、1階増えることで様々なメリットがあることをアピールしています。

二世帯住宅にしたり、広いバルコニーを設置することも可能。

特に広いバルコニーは、スプリームの魅力の一つ。

生活の幅が広がるというメリットを全面に押し出した住宅プランとなっています。

アイプライム7(i-Prime7)

アイフルホームの特徴的な商品がこのアイプライムです。

こちらはネットで注文する住宅。

展示場もバーチャル、プランを決めるのもネット上です。

メーカーの営業さんとのやり取りなどがないため、人件費や広告宣伝費を抑え、低価格で提供することを可能にしています。

先程もお伝えしましたが、アイフルホームの平均坪単価が40万円台~50万円台であることに対し、アイプライム7では20万円台から。

なんと700万円台で住宅を建てることができるそうです。

全てがネットなので不安な部分もあるかもしれませんが、忙しくて時間が取れない方や、営業さんのセールスを煩わしく感じる方には、魅力的なポイントでもあります。

さらに費用を抑えられるのであれば嬉しいですね。

アイフルホームは全国で住宅展示場を実施中!

アイフルホームの住宅展示場は次の通りです。

<北海道>

北海道

<東北>

青森県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・岩手県

<関東>

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県・群馬県

<中部>

新潟県・石川県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県

<近畿>

滋賀県・大阪府・兵庫県・奈良県

<四国>

高知県・香川県・徳島県・愛媛県

<中国>

鳥取県・島根県・岡山県・山口県・広島県

<九州>

福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

詳しい概要はこちらから確認することができます。

参考:住宅展示場・モデルハウスのご案内。イベント情報も|アイフルホーム

アイフルホームで注文住宅を建てた人のブログ2選!

ここで、実際にアイフルホームで注文住宅を建てた人のブログを参考にしてみてはいかがでしょうか。

どれも詳しく書かれているので、これからアイフルホームで家を建てることを検討している方には非常に参考になると思います。

[世帯年収400万] マイホームを建てる

各ハウスメーカーを見て回った感想や、アイフルホームで契約~建設までの過程が詳しく書かれています。

打ち合わせなどの内容も具体的に書かれているので参考になるのではないでしょうか。

アイフルホームで建てました

こちらは建ててからのブログになりますが、web内見として自宅内の写真がたくさんアップされています。

お洒落な住宅に建てたあとの家のイメージが湧きやすいのではないかと思います。

アイフルホームの平屋住宅の概要・特徴

アイフルホームでは平屋住宅を建てることも可能です。

AYA(アヤ)

平屋住宅ということで、比較的広い土地向けの住宅プランです。

ワンフロアに全て収まる住宅は移動も楽。

また、家族の距離が近いのも魅力の一つですよね。

いつでも家族の気配を感じられる住宅は居心地の良いものです。

キッズデザインというアイフルホーム独自のデザインを採用。

キッズデザインは危険が推測される場所にチャイルドロックを設置したり、住宅内の角を取りR型にしたりと、家庭内での事故を防ぎます。

バリアフリーも取り入れているので、小さい子供からお年寄りまで、どの年代層にもおすすめできる住宅です。

また、太陽光発電を取り入れたECO住宅を建てることもできます。

アイフルホームのエコ住宅は、住宅構造そのものが、光や風による快適さを作り出すように設計されています。

それにより、消費エネルギーを減らし、作り出したエネルギーを有効活用。

「自然と調和する平屋住宅」をアピールポイントにもしています。

アイフルホームの賃貸住宅の概要・特徴

アイフルホームでは賃貸住宅も取り扱っています。

「EH Maison-M」というメゾネットタイプの賃貸住宅です。

アイフルホームがメゾネットタイプを賃貸住宅として提案しているのには訳があります。

メゾネットタイプは幅広い層から支持を得る賃貸住宅です。

戸建て感覚が得られるメゾネットタイプはファミリー層から特に人気。

人気があるということは、競争率の高い賃貸経営において、入居者の確保を有利にします。

さらにアイフルホームの最大の特徴、ローコストで建てることにより、より早く投資資金を回収できるように考えられているのです。

もちろん耐震性などの品質は落とさず、鉄骨に比べ低価格で建てることができる木造住宅を提案。

アイフルホームが得意とする、低価格・高品質の住宅は賃貸住宅にも生かされています。

アイフルホームの会社情報

最後にアイフルホームの会社情報についてご紹介します。

アイフルホームの会社概要

会社名 株式会社LIXIL住宅研究所 アイフルホームカンパニー
所在地 東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー(旧 日鐵NDタワー)
取締役社長 加嶋 伸彦
設立年月日 2002年 3月 12日
資本金 12億5000万円
売上高 257億円(2018年3月期)
従業員数 202名(2018年4月現在)
事業内容 建設業に対する技術援助

コンサルタントに関する事業。

建築に関する研究研修、広告宣伝の受託。

住宅建築材料及び住宅施設機器の販売。

建築物の設計、その他。

 

アイフルホームを経営しているのはLIXIL住宅研究所です。

リクシルグループのグループ会社は以下の通りです。

アイフルホームのグループ会社

・株式会社LIXIL

・株式会社川島織物セルコン

・旭トステム外装株式会社

・ビバホーム LIXILVIVA

・株式会社LIXILイーアールエージャパン

まとめ

ローコスト住宅といえばアイフルホームと言っても過言ではないほど、低価格・高品質で有名なハウスメーカーです。

住宅は高額な買い物ですし、なるべく費用は抑えたいところですよね。

かといって、安いだけではもちろん不安なものです。

その点アイフルホームはフランチャイズ制を駆使した低価格・高品質を実現しているので安心。

費用を抑えつつ、良い住宅を建てたいとお考えの方はアイフルホームを検討してみても良いのではないでしょうか。

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v