不動産会社の選び方

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

不動産一括査定サイトはデメリットを知った上で使うべき!利用者の口コミ・評判も紹介

 

売りたい人

今住んでいるマンションが狭くなってきたから、新しい一戸建てに住み替えようと思っている。

ローンがまだかなり残っているから少しでも高く売りたいな。

不動産一括査定サイトが便利だとよく聞くけど、デメリットなどが無いのか知りたい。

そういった方に向けて記事を書いていきます。

不動産を売却したいと考えたとき、インターネット上で数社に見積もりを依頼できる一括査定サイトですが、利用するにあたって不安を抱えてはいませんか?

一括査定サイトは一見便利にみえるサービスですが、デメリットが全くないわけではありません。

注意すべき点がいくつかありますが、ここを抑えておけばとても便利で手軽なサービスと言えます。

そこで今回は、不動産一括査定サイトはデメリットを知った上で使うべきことについて、利用者の口コミ・評判も紹介を紹介します。

これから一括査定サイトを活用したい人はぜひ参考にしてください。

不動産一括査定サイトのビジネスモデル

不動産一括査定サイトは、WEBサイトで不動産の立地や平米数というような情報を入力すると、サイトと提携している複数社の不動産会社に見積もり作成を依頼できるサービスです。

一括査定を利用することで、不動産会社に「査定をお願いします」と電話連絡や訪問することもなく、所有不動産を売却してくれる業者からアプローチを待つというシステムになります。

この便利な一括査定サイトは、基本的に無料で利用できますが、なぜ料金がかからないのか気になりますよね。

この一括査定サイトは、以下のようなビジネスモデルで運営されています。

不動産会社は無料で査定結果を提供する代わりに、一括査定サイトに対して手数料を支払っています。

一括査定サイトの運営会社は、不動産会社に見込み客である売り主の情報を送客する代わりに、不動産会社から手数料をもらうシステムです。

売り主の査定自体は無料ですが、査定を依頼した会社に売却を依頼し、売買が成立したタイミングで仲介手数料を支払います。

不動産会社からすると、1円にもならない可能性がある顧客の情報に対して、先行してお金を払っているわけです。

 

スポンサードリンク

 

不動産一括査定サイトの2つのデメリット・注意点

無料で利用できる一括査定サイトですが、手軽に利用できる反面、デメリットと注意点があります。

利用する際に気を付けてほしいこと大きく2つ。

  1. 地方などは選択できる業者が少ない可能性がある
  2. 個人情報が必要

一つずつ解説していきます。

デメリット①地方などは選択できる業者が少ない可能性がある

一括査定サイトでは、所在地を入力することで対象不動産がある周辺の不動産業者が自動的にピックアップされます。

そのため、地方の物件を売却する際などは、査定に対応している不動産会社が限られることがあるのです。

しかし、一括査定サイトを運営している会社はいくつかあります。

運営会社によって提携している不動産会社が異なり、その結果営業エリアも違ってきます。

ピックアップされてきた不動会社が少ない、もしくは気に入る会社ではなかった場合は、複数の不動産一括査定サイトを併用してみてください。

デメリット②個人情報が必要

一括査定を申し込むには、物件の所在地や物件の築年数、面積などを入力する必要があります。

また、あわせて申込者の連絡先や所有権者の情報が必要です。

あまり個人情報を入力したくない人にとっては、不安材料のひとつになる可能性があります。

また、個人情報は見積もりを依頼した不動産会社に渡ってしまうため、「勧誘されるのでは?」と心配する人もいるのではないでしょうか。

しかし、一括査定サイトは不動産会社と一般ユーザーとの間に、運営会社が間に入ります。

そのため、個人情報を漏えいするような悪徳業者がいる場合は、運営会社から忠告や契約解除などの罰則が与えられることもあります。

しつこい営業をかけてきたり、査定を依頼した不動産会社以外から連絡が来た場合は、不動産一括査定サイトに問い合わせるようにしましょう。

 

今月の人気記事

家の売却時に570万円以上損をしてしまうことも!?

不動産査定サイトを使わないと大損をしてしまう理由と35サイト徹底比較

不動産一括査定サイトの3つのメリット

反対に、一括査定サイトのメリットについてもみていきましょう。

大きなメリットは以下の3つ。

  1. 高額で物件を売却可能性が高まる
  2. 何社にも査定を申しこむ手間が減る
  3. 一括査定サイトが中立的な立場にいる

それぞれの点について詳しく解説しますので、参考にしてください。

メリット①高額で物件を売却可能性が高まる

複数の不動産会社に査定を依頼して、数社の査定結果を比較してみましょう。

1社にだけ査定を依頼した場合は、その金額が高いのか低いのか判断する基準がありません。

複数の査定結果を比較することで、相対的な判断基準ができ、「この会社は高く売却してくれそうだ」という会社を選ぶことが可能です。

一括査定では複数の会社が一人の顧客を取り合う形になるため、良い意味で業者同士が競い合い、より良いサービスを提供してくれます。

その結果として、通常よりも良い結果を出そうとしてくれる、または高い査定額を提示してくれる会社と出会えるチャンスが増えます。

メリット②何社にも査定を申し込む手間が減る

一度の申込で、複数の会社に査定を依頼できるため、1社ごとに見積もりを依頼する必要がなく、査定を申し込む手間が省けます。

また、不動産の所在地から査定可能な業者が自動で表示された後、自分で査定を依頼する会社を選ぶことができるので、望んでいない業者に勝手に査定の依頼がいくこともありません。

不動産一括査定サイトは、提携する会社を事前に審査していることが大半なので、悪徳な業者に依頼してしまうリスクを下げられるメリットもあります。

メリット③一括査定サイトが中立的な立場にいる

しつこい営業電話をかけてくるなど、査定依頼した不動産会社の対応が悪い場合には、一括査定サイトを運営している会社にクレームを入れることが可能です。

一括査定サイトの中には、申込者に代わって断りの連絡を入れてくれたり、クレームを出せば代わりに注意してくれたりする場合もあります。

また、参加している不動産会社は運営会社の審査を合格しなければいけないため、悪徳業者にひっかかる可能性も通常よりグンと減るため安心です。

関連記事→マンション売る時に一括査定後のしつこい営業電話を回避する方法

不動産一括査定サイトを活用すべき人の特徴

ここまで紹介してきたデメリットとメリットから、「不動産会社を自分で選び、査定を依頼している時間がない人」「より高い金額で売却したい人」に一括査定サイトをおすすめします。

自宅に居ながら数社の不動産業者に査定を依頼するため、不動産会社を調べて回る手間がかかりません。

また、一度申し込めば向こうから査定結果が送付されてくるため、不動産会社に出向く機会も必要最小限で済みます。

さらに、何社かの見積もりを比較し、より高く売却金額を提示してくれた会社を選ぶことが可能です。

「A社は〇〇万円提示してくれたが、B社はどうか」とこちらから価格交渉を行うこともできます。

不動産一括査定サイトを使う必要がない人の特徴

反対に、申込みたい業者が明確に決定している人は、一括査定サイトを利用しない方がいいかもしれません。

選択肢が増えることで、かえって混乱してしまうリスクがあります。

より多くの不動産会社に見積もりを依頼した方がいいのは、「どこの会社がいいのかわからない」「相場を知りたい」という人です。

一括査定サイトは、選択肢を増やすことでより多くの不動産会社と出会うチャンスを作る場です。

はじめから申込む会社が決まっている場合には、迷いが生じてしまうため利用することが得策とは言えません。

不動産一括査定サイトを使った人の評判・口コミ

これまで解説してきたデメリットやメリットは本当なのか、または実際の評判と比較してどうなのか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

そこで、実際に不動産一括査定を使った人の評判と口コミも紹介しますので、一括査定サイトを使うかどうか検討してみてください。

不動産一括査定サイトの悪い評判

まずは、不動産一括査定サイトの評価が悪かった人の評判をみていきましょう。

ネットの口コミサイトやsnsで一括査定サイトを「良くなかった」と評価した人は以下のようなコメントを残していました。

  • 「住所や築年数だけで結果が出ると言われていたのに、境界確定図が必要だと言われた」

 

  • 「査定価格が高くても売却価格とは別物」

これらの評判をみると、土地によっては入力した情報だけでは結果を出すことができないケースもあるようです。

境界確定図とは、土地の境界線を記載している地図となり、土地の面積や形状を示すものです。

都心部の入り組んだ地形、または隣地の境が曖昧な場合は、境界確定図がないと査定結果が出せないかもしれません。

また、査定価格はあくまでも参考価格のため、実際に売却するときの価格とは限りません。売却金額は買主との交渉の結果決まることが一般的です。

そのため、査定価格と売却金額が異なることは頭に入れておきましょう。

不動産一括査定サイトの良い口コミ

続いて、一括査定サイトの良い口コミをみていきましょう。

こちらも、ネットの口コミサイトやsnsのコメントを参考にピックアップしました。

  • 「不動産会社から売却以外の選択肢もアドバイスしてもらえることもある」

 

  • 「査定価格を比較すれば今の不動産価格の参考になる」

 

  • 「便利なので使わない手はない」

不動産は個性が強く、立地や築年数で売却金や売却スタイルが変わってきます。

一括査定サイトでは、様々な専門分野の業者がサービスに参加しているため、多くの提案を受けることができ、不動産会社から売却以外の選択肢もアドバイスしてもらえることもあります。

また、そのような結果を見ることで、現在の不動産価格の相場を確認することも可能です。

一括査定サイトでは、多くの不動産会社から様々な提案を受けることができる、または相場を知ることで今後の参考になることから、利便性が高いサービスです。

無料で活用できることもあり、不動産を高く売却するために、一括査定を利用しないという手はないと言えます。

不動産一括査定サイトを最大限活用する3つのポイント

不動産一括査定を最大限に活用するためには、不動産会社のシステムを理解することが大切です。

以下のポイントを抑えることで、自分に有利な条件で売却の仲介を依頼していくことができるので、ぜひ参考にしてください。

ポイント1.机上査定と訪問査定を使い分ける

不動産会社には、机上査定と訪問査定の2種類の査定方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、上手に活用していきましょう。

メリット デメリット
机上査定 ・査定結果が出るのが早い

・少しの情報だけで結果がでる

・売却価格と大きく差が出ることもある
訪問査定 ・机上査定より売却価格に近い正確な査定結果が出る ・担当者が不動産を見に来る

・詳細な情報を提供しなければいけない

 

上記の表から読み取れるように、机上査定は早く結果が出る反面、実際の売却価格と異なるデータが出てくる可能性があります。

反対に、訪問査定はより多くの情報を提示することで、実際の売却価格に近いデータを知ることが可能です。

以上のことから、机上査定は「おおよその相場を知りたい」という場合に利用し、訪問査定は「できるだけ正確な価格が知りたい」という場合に利用することをおすすめします。

関連記事→マンション売却の訪問査定時は事前に掃除しておくべき?机上査定との違いや担当者のチェックポイントも解説!

ポイント2.媒介契約のタイプを選ぶ

査定結果をもとに不動産会社を選ぶとき、仲介を依頼する会社と媒介契約を締結することになります。

媒介契約とは一言でいうと「売却までよろしくお願いします」という契約です。

媒介契約には3タイプあり、それぞれ特徴が異なります。

特徴
一般媒介契約 ・複数の不動産会社と仲介契約を締結可能

・レインズ(不動産流通機構)への登録義務はない

専任媒介契約 ・他社との仲介契約の二股は不可

・仲介契約から7日以内にレインズへの登録義務あり

専属専任媒介契約 ・他社との仲介契約の二股は不可

・仲介契約から5日以内にレインズへの登録義務あり

 

上記の表をみてわかるように、一般媒介契約は拘束力が低く、専属専任媒介契約は拘束力が一番強いと言えます。

拘束力が強い代わりに、レインズという不動産業者だけが登録できる巨大情報サイトに不動産情報を登録してもらえることが可能です。

仲介依頼した会社だけを頼るのではなく「自分でも買主を見つけたい」場合には一般媒介契約を締結し、「この不動産会社に全力で売却を依頼したい」と強く希望する場合には、専任媒介契約がおすすめです。

どのように売却を進めていきたいかによって、媒介契約のタイプを選んでいきましょう。

ポイント3.売れないときは買取業者も検討してみよう

想像よりも売却が進まない場合には、不動産会社へ直接買取を希望する方法も検討してみましょう。

一般的な売却とは違い、買取は不動産業者に直接不動産を買い取ってもらう方法です。

買取は買い手を見つける手間が省ける反面、相場よりも取引価格が安い傾向にあります。

しかし、早めに現金化したい場合や、処分に困る不動産を所有していた場合は、買取してもらう方が得策と言えるでしょう。

買取を希望するときは、一括査定サイトで「買取を希望する」にチェックボックスを入れるか、フリースペースに「買取を希望します」と記載することで買取業者とアポイントを取ることが可能です。

複数の業者を選択できるということは、様々な売却スタイルを選択できるということに繋がります。

一括査定サイトを上手に利用し、自分に合った売却スタイルを見つけていきましょう。

<関連記事>

マンション買取おすすめの業者や査定の依頼方法、相場の調べ方やメリット・デメリットも解説!

信頼できる不動産一括査定サイトの見抜き方

一括査定サイトを運営している会社は1社だけではありません。

「HOME4U」「すまいValue」「おうちダイレクト」「イエウール」「リガイド」など、様々な一括査定サイトがあります。

ここまで紹介してきた評判やデメリット・メリットをまとめると、一括査定サイトを選ぶときは、「参加企業が多い」「一度に多くの会社に査定依頼可能」「信頼性がある」という3点を満たす運営会社をおすすめします。

より多くの不動産会社が参加していること、そして一度に多くの会社に査定依頼ができる運営会社であれば、不動産会社とのマッチング・チャンスが高まるうえ、選択肢も増えるでしょう。

また、大切な不動産情報を記載するのですから、できるだけ不安な点は取り除きたいものです。

そのため、知名度がある運営会社を選べばより強い安心感が生まれます。

おすすめは日本初の不動産一括査定サイト「HOME4U」

以上の「参加企業が多い」「一度に多くの会社に査定依頼可能」「信頼性がある」のポイントを満たす一括査定サイトは、「HOME4U」です。

HOME4Uの特徴を簡単に紹介します。

まず、HOME4Uは国内の一括査定サイトの中でも比較的参加企業が多く、1,300社以上の企業と業務提携を結んでいます。

公式サイトでは、実際に提携している会社の一覧を見ることができるので、気になるときは公式サイトを確認してみてください。

次に、HOME4Uは一度の申込で最大で6社の不動産会社に査定依頼を申し込むことが可能です。

6社すべてに査定依頼することや、気に入った不動産会社1~2社だけに見積もりを依頼することもできます。

最後に、信頼性についてですが、HOME4UはNTTデータグループが運営している一括査定サイトです。

NTTデータグループはセキュリティシステムのレベルが高いため、安心して個人情報を入力できるうえ、知名度の高い企業は印象を大切にするため、悪徳業者と繋がっている可能知恵は低いと言えるでしょう。

不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら⇒

HOME4U以外の一括査定サイトを知りたい人がいれば、下記の記事で詳しく解説をしているので、参考にしてみてください。

関連記事→不動産一括査定サイトのおすすめ5選+評判の30サイトを比較!【総まとめ】

まとめ

一括査定サイトは、不動産会社が手数料を支払い、運営会社が送客するというビジネスモデルで成り立っているサービスです。

そのため、一般ユーザーは利用料を支払うことなく、査定を利用することができます。

一括査定サイトは、WEB上で一度に数社の業者に査定を依頼できる利便性の高いサービスですが、「地域によっては査定ができない」「個人情報を入力しなければいけない」というデメリットがあります。

そのため、できるだけ提携会社が多く、セキュリティの高い運営会社を選択していかなければいけません。

これらのデメリットをカバーする一括査定サイトは、NTTが運営する「HOME4U」です。

これまで紹介してきた情報を参考に、約1,300社以上の不動産会社と提携し、セキュリティの高いシステムで個人情報を保護してくれるHOME4Uの利用をぜひ検討してみてくださいね。

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v