ハウスメーカー

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

ジブンハウスの評判って実際どうなの?不動産のプロが教える特徴や評判と坪単価

 

大きなライフイベントは人生の中でいくつか存在しますが、その中でもマイホーム購入は理想や夢が詰まった格別なものです。

せっかくなら、その理想や夢をなるべく多く実現したいと思いますよね。

東京に拠点を置くジブンハウスは、「スマホでできる自分だけの家づくり体験」を掲げる会社です。

2016年設立とまだ新しい会社で、「スマホで家づくり」はインパクトも強く、今までにないアプローチだと言えます。

そこで今回は、ジブンハウスの注文住宅の特徴や坪単価、評判などを徹底深掘りしてまいります。

ぜひ参考にしてください。

また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。

それは、少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。

住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。

一番最初に行うべきは、自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。

しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。

また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。

最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。

ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。

そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求サービスです。

予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。

運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。

スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求はこちら⇒

前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。

それではここからジブンハウスの評判や特徴について、詳しく解説をしていきます。

ジブンハウスの注文住宅の特徴・性能まとめ

まずは、ジブンハウスの工法や、耐震性、断熱性など各種性能についていくつか紹介していきます。

ジブンハウスの工法

ジブンハウスの住宅には、「JFS工法(Jibunhouse Solid Frame)」というジブンハウス独自の工法を取り入れています。

「JFS工法」とは、在来工法(木造軸組工法)とツーバイフォー工法のいいとこどりをした、いつまでも安心を保つことが出来る工法です。

在来工法(木造軸組工法)は「枠」で構成されるために間取りの自由度が高く、窓を大きく取りやすかったり増改築が比較的容易だったりしますが、耐震性や耐久性は少々劣ります。

一方でツーバイフォー工法は「面」で構成されるため、特に耐風性・耐震性が高いですが、どうしても箱のような形の設計しかできず窓の設置や間取りが制限されがちです。

この2つの工法のいいとこどりをして、窓の設置や間取りの自由度が高く、かつ耐震性の高さを実現したのが「JFS工法」です。

また、設計の手法にスケルトン・インフィル設計を取り入れているので、ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変化させやすくなっています。

いいとこどりで長い期間の安心を確保しつつ、長い期間の中でおこる変化にも寄り添える家です。

ジブンハウスの間取り

ジブンハウスの住宅は、スマホを使用したオンライン上で

  • ・ベースとなるシリーズ(全6種)
  • ・坪数(全7種)
  • ・外観・内観デザインなどのテイスト

を自由に選んで組み合わせるところから始まります。

細かいオプションの設定で変更が出来る箇所もありますが、どのシリーズを選ぶか、どの坪数を選ぶかによって、ある程度の間取りが決まってきます。

Aシリーズ

一例として、8×8ミドルサイズの(31.3坪)ANTICOの場合は以下です。

1階:LDK、バスルーム、洗面所、トイレ

2階:3部屋(6帖~8帖)、ウォークインクローゼット×2、フリースペース

Zシリーズ

一例として、8×8ミドルサイズの(31.3坪)SCANDIAの場合は以下です。

1階:LDK、バスルーム、洗面所、トイレ

2階:3部屋(6帖~8帖)、ウォークインクローゼット×2、フリースペース

Fシリーズ

一例として、12×10ミドルサイズの(25.67坪)JAPONEの場合は以下です。

1階:LDK、2部屋(6帖、7.25帖)、和室(4.5帖)バスルーム、洗面所、トイレ

Kシリーズ

一例として、7×9ミドルサイズの(31.3坪)ANTICOの場合は以下です。

1階:LDK、バスルーム、洗面所、トイレ

2階:3部屋(5帖~8帖)、ウォークインクローゼット×2、フリースペース

FAシリーズ

一例として、12×9ミドルサイズの(24坪)DOMADOMAの場合は以下です。

1階:土間、土間内キッチン、土間内ストレージ、部屋、和室、バスルーム、洗面所、トイレ、テラス

HAシリーズ

一例として、7×9ミドルサイズの(31.3坪)HACOHACOの場合は以下です。

1階:部屋(8帖)、ビルトインガレージ、フリースペース、バスルーム、洗面所、トイレ

2階:LDK、部屋(4.5帖)、フリースペース、テラス

ジブンハウスのデザイン

先ほども説明した通り、ジブンハウスの住宅はスマホを使用したオンライン上で

  • ・ベースとなるシリーズ(全6種)
  • ・坪数(全7種)
  • ・外観・内観デザインなどのテイスト

を自由に選んで組み合わせるところから始まります。

シリーズによって選べるテイストが変わってくるので、以下では各テイストに対応しているシリーズの一覧もご紹介します。

ANTICO

スタイリッシュで、飽きのくることない普遍的なネオクラシックをコンセプトとしています。

全体的にダークで引き締まった印象を与えます。

対応しているシリーズは、

  • ・Aシリーズ
  • ・Zシリーズ
  • ・Fシリーズ
  • ・Kシリーズ

です。

JAPONE

名前の通り、「日本の美」を取り入れたデザインです。

海外から見た日本の良さを取り入れた「クールジャパン」をコンセプトとしています。

柔らかい印象を与える外壁が、和モダンなデザインに映えます。

対応しているシリーズは、

  • ・Aシリーズ
  • ・Zシリーズ
  • ・Fシリーズ
  • ・Kシリーズ

です。

SCANDIA

「プレミアムベーシック」をコンセプトとした、シンプルでありながらも温かみと優しさが感じられる北欧テイストのデザインです。

オーガニック、ナチュラルといった、健康的なイメージをディテールに取り入れています。

シンプルなので模様替えにも対応しやすい、最も人気の高いデザインです。

対応しているシリーズは、

  • ・Aシリーズ
  • ・Zシリーズ
  • ・Fシリーズ
  • ・Kシリーズ

です。

HACOHACO

箱が二つ並んだような、特徴的な外観をしています。

ビルトインガレージが付いており、それぞれのライフステージにおいて様々な活用の仕方ができます。

対応しているシリーズは、

  • ・Aシリーズ
  • ・HAシリーズ

です。

URBAN

日本の伝統的な切妻屋根をデザインに取り入れながらも、現代風にアレンジしてインパクトのある外観に仕上げました。

デザインには、近藤康夫氏とMoving Ball studioがかかわっています。

対応しているシリーズは

  • ・Kシリーズ

です。

DOMADOMA

かつて多くの日本の家にあった土間は、人が気軽に訪れる場所としてや、料理をする場所、道具の手入れをする場所など、その人の暮らしに合わせて思い思いに活用されていました。

そんな「その人らしい」場所である土間を、現在の暮らしに取り入れたデザインです。

デザインには、近藤康夫氏とMoving Ball studioがかかわっています。

対応しているシリーズは

  • ・FAシリーズ

です。

ジブンハウスの耐震性

ツーバイフォー工法の強さを取り入れているので、耐震性もしっかりとしています。

工法だけでなく、使う素材の品質や接合部の頑丈さ、木材のねじれにくさ、設計基準の徹底した確認で、住宅の長期耐久性・耐震性を実現しています。

ジブンハウスの断熱性・気密性

ツーバイフォー工法の良いところを取り入れており、ツーバイフォー工法ならではの断熱性を備えていると言えます。

また断熱材には、グラスウール(外壁、屋根)や押出法ポリスチレン(床下)を使用しており、断熱地域区分で言うと5~7地域(九州~関東海沿いあたり程度まで)程度の断熱性能になります。

ジブンハウスの保証・アフターサービス

「住宅瑕疵担保責任保険」を用意しています。

完成・引き渡しから10年間は、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分についての瑕疵(欠陥)は、住宅会社から必ず補償を受けられるようになっています。

万が一の倒産などで住宅会社から直接の補償を受けられない場合でも、この保険によって補修費用を受け取ることができます。

資料請求をまとめてする⇒

ジブンハウスの評判・口コミ

ここまでジブンハウスの特徴や坪単価などを見てきましたが、気になるジブンハウスの評判はどのようなものがあるのでしょうか。

良い口コミと悪い評判をいくつかご紹介しましょう。

ジブンハウスの良い評判

  • ・注文住宅は自由度が高いが、だからこそわかりづらかった。ジブンハウスはすでにプロのデザイナーがトータルでコーディネートしている選択肢が示されており、かつ好みに合うもので、家づくりを安心して進めることができた。
  • ・間取りはあらかじめ決められているが、とても使いやすくよく考えられている間取りだと思う。
  • ・スマホで家を選び、スマホでVRを利用した内覧ができるのが斬新で楽しかった。VRは非常にリアルで、とても参考になる。
  • ・ホームページ上でかなり細かいスペックや構造材が公開されているので、安心して検討することができた。

後から細かいプランニング・調整を行うとはいえ、ネットショッピングのように家の仕様を決めていくため、ホームページ上で公開されている情報はかなり細かいです。

VRで内覧ができる以外にも、

  • ・構造材のスペックが一覧で掲載されている。
  • ・仕様が近い他の商品と、比較する表を参照できる。
  • ・食洗器の有無、クローゼットの有無・サイズなどのオプションが、すべて価格付きで閲覧できる。
  • ・オプションを設定した後の本体価格も、ホームページ上で確認できる。

など、一般的な住宅会社がホームページ上では絶対に掲載しないようなところまで公開されています。

自分たちが希望する、オプションまで含めた大方の見積もりを作ったうえで細かいプランニングを行えるのが特徴です。

そのため想定していた価格から大きくずれるということや、いったん取り入れた希望を予算の都合であとから泣く泣く削除するといったことは、ほとんどなくなります。

ジブンハウスの悪い口コミ

  • ・ネットショッピングのように気軽に契約を進められそうで不安。
  • ・フランチャイズ形式で実際の建築は地域の工務店が請け負っているようなので、仕様に地域差が出るのではないかと不安。

上記のようなマイナスの評価がありましたが、どちらも実際にジブンハウスを候補に入れて検討を進めているようではなさそうでした。

VRで内覧、ネットショッピングのようにマイホームをカートに入れていく…という斬新な手法に抵抗感を感じる人もいるようです。

よく言えば時代を先取りしている住宅販売の手法ですが、悪い言い方をすればまだ世間に浸透していない特殊な住宅販売の手法です。

ネットショッピング的な最初の印象で敬遠してしまうかもしれませんが、完全にネットだけで完結するわけではないので、気になる方は避けずに相談してみてはいかがでしょうか。

資料請求をまとめてする⇒

ジブンハウスの平均的な坪単価

選ぶシリーズやオプションによって変動しますが、ホームページ上で公開されている住宅の本体価格(税抜き)から計算すると、おおよそ43万円程度になります。

各シリーズの参考本体価格(税抜き)は以下です。

  • ・Aシリーズ:988万円~
  • ・Zシリーズ:1,335万円~
  • ・Fシリーズ:1,188万円~
  • ・Kシリーズ:1,056万円~
  • ・FAシリーズ:1,320万円~
  • ・HAシリーズ:1,500万円~

 

ジブンハウスの過去の施工実績

ジブンハウスの過去の施工実績は公開されていません。

ジブンハウスの商品ラインナップ

ここまでも説明してきた通り、ジブンハウスの住宅はスマホを使用したオンライン上で

  • ・ベースとなるシリーズ(全6種)
  • ・坪数(シリーズによって坪数の選択肢は変化)
  • ・外観・内観デザインなどのテイスト

を自由に組み合わせてカートに入れ、オプションや広さを自由にカスタマイズします。

カスタマイズしたものを高精細なVRで確認し、イメージが出来上がったら近隣のストアにオンライン予約をします。

ストアではコンシェルジュと一緒に、カスタマイズしたイメージをもとにして、より詳細で具体的なプランニングを行っていきます。

ここでは、ベースとなる全6種のシリーズをご紹介します。

1.Aシリーズ

近年流行している、キューブタイプの住宅です。

飽きの来ないシンプルなデザインで、安全性の高いキュービックフォルムになっています。

最もローコストなプランで、価格も魅力的なシリーズです。

本体価格(税別)は、988万円~です。

Aシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・8×8ミドルサイズ(31.3坪)…ANTICO(88A)、JAPONE(88A)、SCANDIA(88A)
  • ・7×9ミドルサイズ(31.3坪)…ANTICO(79A)、JAPONE(79A)、SCANDIA(79A)、HACOHACO(79HA)
  • ・6×8コンパクトサイズ(23.8坪)…ANTICO(68A)、JAPONE(68A)、SCANDIA(68A)
  • ・8×10ラージサイズ(39.8坪)…ANTICO(810A)、JAPONE(810A)、SCANDIA(810A)

2.Zシリーズ

エコ、省エネで家計にも環境にも優しい住宅です。

一方向に傾いたようなデザインの屋根が特徴的です。

本体価格(税別)は、1,335万円~です。

Zシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・8×8ミドルサイズ(31.3坪)…ANTICO(88Z)、JAPONE(88Z)、SCANDIA(88Z)
  • ・7×9ミドルサイズ(31.3坪)…現在対応なし、選択・詳細の閲覧不可。(2019年8月現在)

3.Fシリーズ

平屋の住宅です。

居住空間をワンフロアにうまくまとめ、理想の暮らしやすい居住空間を実現する住まいです。

本体価格(税別)は、1,188万円~です。

Fシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・12×10ミドルサイズ(25.67坪)…ANTICO(1210F)、JAPONE(1210F)、SCANDIA(1210F)
  • ・12×11ラージサイズ(29.68坪)…現在対応なし、選択・詳細の閲覧不可。(2019年8月現在)

4.Kシリーズ

三角屋根が特徴的な住宅です。

日本の伝統的な「切妻屋根」を取り入れた、モダンなデザインになっています。

本体価格(税別)は、1,056万円~です。

Kシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・7×9ミドルサイズ(31.3坪)…ANTICO(79K)、JAPONE(79K)、SCANDIA(79K)、URBAN(79KA)

5.FAシリーズ

飽きの来ないシンプルさと、ワンフロアの暮らしやすさを融合させた住まいです。

「自分らしいライフスタイルを創造することができる場所」がコンセプトです。

本体価格(税別)は、1,320万円~です。

FAシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・12×9ミドルサイズ(24坪)…DOMADOMA(1209FA)

6.HAシリーズ

ビルトインガレージが付いた住宅です。

「ガレージという楽しみと暮らす家」がコンセプトです。

本体価格(税別)は、1,500万円~です。

HAシリーズ×各坪数の対応デザイン

  • ・7×9ミドルサイズ(31.3坪)…HACOHACO(79HA)

 

ジブンハウスで家を建てるのに向いている人

VR内覧は非常にリアルで十分に参考になるので、モデルハウスなど現地に何度も足を運ぶのが難しい人におすすめです。

もちろん細かいことや不安な点は実際に相談しにストアを訪れるべきだと言えますが、少なくとも内観や外観、インテリアなどのデザイン的な部分はVRでも十分と言えそうです。

手軽に複数の住宅仕様を比較できますし、時と場所を選ばないのでしっかり確認したい、いくつも比較したいという場合もおすすめです。

また、企画住宅であるため構造にかかわるレベルの間取りの変更はできません。

その代わりすでに出来上がっている間取りは、プロが「多くの人が使いやすいように」と考えているものです。

なので、「初めてのマイホームなのに、自分たちで全て決めるのは不安」と感じる方には「プロが考えた住宅を購入することができる」という意味でおすすめです。

資料請求をまとめてする⇒

ジブンハウスとよく比較されるハウスメーカー2選

その価格帯から、ローコスト住宅とよく比較されます。

まだ設立してから年月が浅いこともあってか、ローコスト住宅のランキングトップによく名前があげられる、タマホームやアイフルホームと比較されていることが多いです。

2社とも坪単価はおおよそ40万円前後ですし、使用している断熱材や耐震・耐熱・耐久性能についてもジブンハウスと大きな違いはありません。

大きく違う点は、ジブンハウスがJFS工法という自社オリジナルの工法を採用しているのに対して、タマホームとアイフルホームは木造軸組工法であるという点です。

JFS工法はツーバイフォー工法と木造軸組工法を組み合わせた工法です。

そのため断熱材に大きく差がないということは、ツーバイフォー工法を取り入れている分、ジブンハウスの方が断熱性能が上であると考えることができます。

ジブンハウスが対応しているエリア

北海道から沖縄まで、日本全国に対応しています。

直営店と、フランチャイズ形式で全国にストアを展開しているため、各県に直接相談のできるストアが用意されています。

ジブンハウスの会社概要

社名:株式会社 ジブンハウス

代表者:内堀 孝史

設立年月日:2016年2月1日

所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布2-20-16

TEL:03-5774-6660

FAX:03-5774-6661

まとめ

VRで内覧をし、マイホームをネットショップのカートに入れていく…という全く新しい住宅販売の手法を提案している会社です。

販売手法の斬新さにばかり話題が持っていかれがちですが、用意されている企画住宅のプランはプロによってよく考えられており、デザインも非常に洗練されていてローコストさを感じさせません。

マイホームを考えているが展示場などに足を運ぶ時間がない方や、本体価格やオプションの価格を参照しながら考えたいという方には、ぜひおすすめしたい会社です。

資料請求をまとめてする⇒

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v