マンション購入

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

マンション購入後に後悔したことまとめ~今からでも遅くない解決策を紹介

 

買いたい人

これから夢のマンションを購入する予定だけど、人生に一度きりの買い物だから絶対に後悔はしたくない。

実際に購入して後悔してしまった人の失敗談を知って、自分達が同じ過ちを犯さないようにしたい。

そういった方に向けて記事を書いていきます。

絶対に失敗したくないマンション購入にもかかわらず、購入したことを後悔している人が数多く存在しています。

マンション購入で失敗してしまうほとんどのケースが、過去にマンションを購入した経験がなく、どんなことに注意すれば良いのかわからなかったことが原因です。

したがって、あらかじめ失敗事例や購入時の注意点を知っておけば、購入後に後悔するのを回避できる可能性が一段と高まるはずです。

そこでこの記事では、実際の失敗談の紹介や、購入する際の注意点などを不動産のプロが詳しく紹介していきます。

また、現時点で実際にマンションを購入して後悔している人に向けても解決策を書いていくので、ぜひ参考にしてください。

マンションを購入後に後悔・・・実際の体験談まとめ

マンションは一生のうちでも非常に高い買い物なので、誰もが後悔したくないと思うものです。

しかし不幸にも購入に失敗して後悔してしまう人も少なくありません。

まずは実際にマンションを購入した人の失敗談をリアルな声が飛び交うネット上から集めてみました。

  • 新築マンションを購入して賃貸住宅から住み替えたが、ローンの支払いの他に管理費や修繕費の積み立て、リフォーム代など予想以上のお金がかかり、購入前に長期スパンで考えるべきだったと反省しています。(40代後半 女性)

 

  • 購入した中古マンションが直床だったため、上階の振動が直接伝わってストレスを感じています。(20代後半 女性)

 

  • 子供が生まれ家が手狭になったので新築マンションを購入したが、子供が泣くだけで隣人から苦情を言われて困っています。(30代前半 男性)

 

  • 築浅で角部屋だったことが気に入り中古マンションを購入したが、窓が多いため結露が多く、家具の配置にも困っています。(30代後半 女性)

 

  • ペット禁止のマンションを選んだはずなのに、上階から犬の鳴き声がしてどうすればよいのか困っています。(30代前半 男性)

 

  • 中古マンションを購入後に自分たちの好きな様にリノベーションして入居したが、配管や共用部分の劣化がひどく、他の居住者からも嫌な思いをすることがあって、残念な結果になってしまいました。(30代後半 男性)

マンションには、一戸建て住宅とは異なる注意点がたくさんあります。

特に多くの人が集まって暮らすマンションでは、管理費・修繕積立金の支払いや、近隣とトラブルを避けるための配慮など、生活する上でも様々なルールがあり、それらを守らなければなりません。

購入後に後悔しないためには、この様なマンション特有の問題点を事前に良く理解しておくことが大切です。

今なら間に合う!2019年ならマンションを高値で売却できる3つの理由

マンションを有利な条件で売却するためには、時期を逃さない様にすることが大切です。

そして2019年は、マンションを高値で売却できる最後のチャンスといわれています。

その理由は以下の3つです。

  1. 建築費の高騰によるマンション価格の高騰
  2. 低金利で需要が多い
  3. 2020年以降はマンション価格が上昇する材料がない

一つずつ解説していきます。

1.建築費の高騰によるマンション価格の高騰

現在は東京オリンピックや東日本大震災の復興工事により建設需要が多く、建設資材や人件費の上昇に伴って建築費が高騰しています。

しかしこの状況もオリンピックが開催されるまでと予想されていて、来年には建設需要が一段落し、建築費は下落に転じるとみられます。

マンション価格が高騰している今がマンションの売り時といえます。

<関連記事>

マンション売却は東京オリンピック前or後?市況の高騰はいつまで続くか徹底分析!

マンションはいつまで高騰する?価格上昇の原因と下落の引き金は?

2.低金利で需要が多い

近年は住宅ローンの低金利に支えられて、不動産市況が好調な状況が続いています。

しかし、現在はいつ金利の引き上げがあってもおかしくない状況にあり、日銀の金利が引き上げられれば住宅ローンの金利も上昇するので、住宅取得意欲が下がってマンションの取引件数も減少します。

3.2020年以降はマンション価格が上昇する材料がない

2020年以降は消費増税に加えて、人口減少問題や空き家問題に拍車がかかることが予想されています。

また、2022年には生産緑地制度の期限切れにより、大量の都市農地が宅地化される可能性が取り沙汰されています。

都市部での宅地供給が増えれば、マンション価格の下落は避けられません。

この様に、2020年以降にマンション価格が上昇する好材料は、現時点ではありません。

これを読んで「マンションを売却しようかな?」と思ったなら、とりあえず不動産会社に査定依頼をしてみましょう。

<関連記事>

2020年問題で不動産業界に激震!暴落の引き金となる5つの根拠をプロが解説

2022年問題は不動産下落の引き金!?東京への影響や政府の対策は?

マンションから住み替える場合の3つのパターンとそれぞれのメリット・デメリット

今住んでいるマンションを購入して、後悔している人も多いでしょう。

ここからは、マンションを手放して別の家に住み替える際のメリットやデメリットについて解説していきます。

今回紹介する住み替えの例は、以下の3パターン。

  1. マンションから戸建てへの住み替え
  2. マンションから別のマンションへの住み替え
  3. マンションから賃貸への住み替え

それぞれ解説していきます。

①マンションから戸建てに住み替える場合

マンションから戸建てに住み替えるメリットとデメリットは次の様なことが考えられます。

メリット①土地を所有することができる

建物の価値は築年数と共に減少するのに対し、土地の資産価値は比較的安定しているため、一戸建て住宅の資産価値の減少はマンションと比べて小さくなる傾向があります。

また土地付きなので、庭やガレージで趣味を楽しむこともできます。

メリット②管理費、修繕積立金の支払いがなくなる

管理費・修繕積立金以外にも、庭に車庫があれば、駐車場代や駐輪場の使用料なども不要になります。

メリット③生活スペースを広げることができる

マンションに比べて自由に増改築が可能なので、増築して部屋を増やしたり、部屋を大きくしたりすることができます。

メリット④プライバシーが確保できる

共用部分があって上下左右が接しているマンションと異なり、プライバシーの確保ができます。

またマンションの様に、両隣、上下階への気遣いが不要になります。

ここからはデメリットについても説明しておきます。

デメリット①建物の維持、管理の負担が増える

定期的な修繕やメンテナンス、清掃などを自分で行わなければならなくなります。

また急な修繕が必要になることもあるので、計画的に修繕費用を積み立てておく必要があります。

デメリット②防犯性、耐震性が劣る

鍵1本で施錠できるマンションと異なり、セキュリティー面での不安や負担が増えます。

防犯リフォームを行うことで不安を解消することが可能です。

また木造の戸建て住宅は、一般的にマンションと比べて耐震性が劣ります。

デメリット③光熱費がかかる

窓が多く、外気に接する面が多い戸建て住宅では、一般的にマンションよりも光熱費の負担が多くなります。

二重窓の設置や断熱改修を行うことで光熱費の削減が可能です。

デメリット④固定資産税、都市計画税の負担が増える

同じ条件であれば一般的に一戸建ての方がマンションよりも価格が高くなるので、固定資産税・都市計画税が高くなります。

②マンションからマンションに住み替える場合

次にマンションからマンションに住み替えるメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット①立地条件の割に価格が安い

同じ様な立地条件であればマンションの方が戸建て住宅よりも価格が安いのが最大のメリットです。

メリット②耐震性や防火性、防犯性が高い

マンションは一般的な木造の戸建て住宅よりも構造躯体が丈夫で、自然災害や空き巣・放火などの犯罪に対しても安心感があります。

メリット③建物の維持管理に手間がかからない

建物管理や大規模修繕などを自分で行う必要がないので、手間がかかりません。

メリット④光熱費が安い

一般的に戸建て住宅よりも断熱性能が高いので、光熱費が節約できます。

メリット⑤共用施設がある

集会室や待合ロビー、オートロック、宅配ボックス、エレベーター、公園などの共用施設があり、マンションによってはキッズルームや図書室、ゲストルーム、ラウンジ、フィットネスクラブなどの娯楽施設が充実していることもあります。

続いては、デメリットについても話していきます。

デメリット①管理費、修繕積立金などがかかる

他に駐車場代や駐輪場代がかかることもあります。

デメリット②庭がない

一部の部屋を除いて専用庭がありません。

デメリット③増築ができない

増築ができないので、居住面積を増やすことができません。

しかしリフォームで空間を有効活用することは可能です。

デメリット④生活する上で上下左右の住戸への配慮が必要

上下左右の住戸と接しているマンションでは、生活する上で隣接住戸への気遣いが不可欠です。

しかし築年数が新しいマンションほど、防音性や遮音性が向上しています。

デメリット⑤勝手にリフォームすることができない

リフォームする場合には管理組合への届け出が必要になり、管理規約でリフォームの内容が制限されていることもあります。

③マンションから賃貸に住み替える場合

マンションから賃貸へ住み替えるメリット、デメリットにはどんな点があるのでしょうか。

順に見ていきましょう。

メリット①管理費、修繕積立金の支払いがなくなる

管理費や修繕積立金などの支払いがなくなります。

メリット②税金がかからなくなる

固定資産税や都市計画税などの税金の支払いがなくなります。

メリット③マンションの売却費用を得ることができる

月々の住宅ローンの支払いがなくなって、かつ手元に現金を残すことができます。

メリット④家の修繕費がかからなくなる

住宅の修繕にかかっていた費用を他に回すことができる様になります。

メリット⑤気軽に住み替えることができる

家が古くなったり、転勤や気分が変わったりした時に、自由に転居することが可能になります。

デメリット①毎月の家賃がかかる

他に更新料や礼金、駐車場代などがかかります。

デメリット②資産がなくなる

持ち家がなくなることで、万一の時の遺族のことや老後に対する不安が残ります。

デメリット③自由にリフォームすることができない

自分の好きな様にリフォームして住むことができません。

ただし近年は、比較的自由にリフォームできる賃貸住宅も増えています。

デメリット④持ち家よりも住宅性能面で劣る

一般的に賃貸住宅のグレードは低く、居住性はあまり高くありません。

同じエリアで同じグレードの住宅に住む場合には、賃貸の方が金銭的な負担が大きくなる傾向があります。

一般的に賃貸住宅に住むメリットは、家の維持費がかからないことです。

また、いつでも転居できる気楽さが魅力です。

しかし毎月家賃を払い続けても自分の所有物にはならないため、将来に対する不安は否定できません。

<関連記事>

住み替えローンは諸刃の剣?メリットやデメリットをプロが解説!

住み替え時のつなぎ融資はリスクが高い?メリット・デメリットを解説

住み替えで後悔しないためのノウハウをプロが伝授!ローン残債や費用・税金の悩みも解消!

マンションを少しでも高く売るための3つのポイント

マンションを高く売るための方法はいろいろとありますが、ここでは特に重要な3つのポイントを紹介したいと思います。

1.複数の不動産会社に査定を依頼する

マンションの査定額は、不動産会社によって数百万円も違うことが珍しくありません。

査定依頼は複数の不動産会社に対して行い、各社の査定額を比較検討することが重要です。

不動産一括査定サイトを利用すれば、簡単な操作で一度に複数の不動産会社に査定依頼ができるのでとても便利です。

筆者おすすめの不動産一括査定サイトを下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

関連記事→不動産一括査定サイトのおすすめ5選+評判の30サイトを比較!【総まとめ】

2.売却のタイミングを見逃さない

不動産には高く売れる時期と、安くても売れない時期があります。

1年の中では3月と9月が売れる月になります。

一般的にマンションの売却期間は3か月以上かかるので、この時期に狙いを定めて売却活動を始めると良いでしょう。

また前述した様に、今年は最後のマンションの売り時です。

売却予定があるのなら、今年中に売却することをオススメします。

関連記事→マンションの売り時は2019年!不動産のプロがその理由を解説!

3.物件の見映えを良くする

購入を検討している人は、ほとんどの人が内見時の印象で意思決定を行います。

内見時に良い印象をもってもらうために、売却することが決まったらすぐに室内の清掃や片付けを済ませておきましょう。

特に水回りのカビや汚れ、悪臭は念入りに取り除いておくことが大切です。

また部屋が広く見える様に、不用品は早めに処分する様にしましょう。

内見者用のスリッパ等の準備もお忘れなく。

<関連記事>

マンション売却時の内見で買主ががっかりする7つのポイントと対策~内見前・内見当日・内見後の準備まとめ

片付け費用削減!マンションを売る際の清掃・不用品処分方法まとめ

マンション購入で後悔しないための6つのポイント

マンション購入で後悔しないためには、どんな点に注意すればよいのでしょうか。

6つのチェックポイントを紹介します。

その1 資金面

マンションを買い替える際には物件購入費用の他に、

  • ・仲介手数料
  • ・登記費用
  • ・収入印紙代
  • ・住宅ローンを新たに組むための金融機関への事務手数料
  • ・不動産取得税

などがかかると共に、

  • ・マンションを売却するための仲介手数料
  • ・抵当権抹消費用
  • ・引っ越し代
  • ・新しく購入したマンションの固定資産税
  • ・管理費、修繕積立金

などの支払いが発生します。

限りある資金の中では、優先順位を良く考えて物件を決める必要があります。

後々資金不足にならない様に、現在の収入はもちろん、将来の支出まで考えて資金計画を慎重に立てることが重要です。

その2 生活スタイル

マンション選びでは、自分たちのライフスタイルを踏まえて、暮らし方をイメージした上で最適な間取りを選ぶことが大切です。

現在の家族構成や生活スタイルだけでなく、可能な限り子供が独立した後や老後の生活までイメージすることで、永住可能なマンションを手に入れることが可能になります。

また、間取りの可変性の高いマンションを選んでおくと、将来も安心です。

マンション購入時の多くの失敗事例の中で、家具の配置が上手くいかなかったというものがあります。

お気に入りの家具などがある場合には、家具の配置をイメージして間取りを選ぶことが大切です。

その3 マンションの立地・周辺環境

マンションの立地や周辺環境は、快適なマンションライフを過ごすためにも安易に妥協してしまうと後悔することになってしまいがちです。

交通の便や周辺の騒音、日常生活の利便性などは軽視できません。

また、万が一将来売却や賃貸することになった際には、資産価値や賃料にも大きな影響を与えるため、とても重要な要素です。

その4 不動産業者、管理組合

マンション選びでは、不動産業者選びも重要な要素になります。

中古マンションであれば仲介業者、新築マンションであればディベロッパーや販売代理店の質によって、購入後の満足度が大きく変わることが少なくありません。

特に中古マンション購入の窓口となる仲介業者を選ぶ際には、情報量と仲介実績が豊富な業者が重要な選択基準となります。

またマンションは「管理を買え」と言われるほど、管理体制の良し悪しで日常生活の快適度が変わるだけでなく、資産価値にも大きく影響します。

管理体制が悪いと売却時に損してしまうので、管理会社の質や管理組合の運営がしっかりと行われているかどうかをしっかりと確認しましょう。

そして新築でも中古でもマンションを購入する際には、事前に「管理規約」にしっかりと目を通しておくことが必要です。

その5 マンションの設備

充実したマンションライフを過ごすためには、共用設備も欠かせない要素になります。

エレベーターの台数やオートロック、24時間ゴミステーション、宅配ボックスの有無などのほか、ゲストルームやキッズルーム、ロビー、ラウンジなどの設備も事前に確認しておきたいものです。

最近の新築マンションには、フィットネスジムやバー、スパなどの温泉施設、シアタールームなどが導入されているものもあるので、これらの設備をお望みなら新築マンションを探すと良いでしょう。

ただし実際に住んでみて必要のない設備が多いと、管理費や修繕費の負担ばかり増えてしまうので、本当に必要な設備なのかどうかを確認しておきましょう。

その6 リフォームの自由度

中古マンションに買い替えてリノベーションして住もうと思う人とっては、リフォームの自由度も重要なポイントです。

中古マンションを購入後にリフォームしようと思ったら、希望のリフォームができなかったという話は少なくありません。

マンションリフォームでは、専有部の電気やガス容量の制限や、構造的な問題により水回り位置の移動が制限されるほか、管理規約によって工事内容に制約を受けることもあります。

マンションによってはフローリングや壁の板張りなどができないことや、設備の後付けができないこともあるので、購入後にリフォームを予定している場合には、事前に希望する工事が可能かどうかの確認が重要です。

後悔が少ないのは新築?それとも中古? それぞれのメリット・デメリットを比較

マンションを購入する際には、新築と中古ではどちらを選んだら良いのでしょうか。

どちらも一長一短なので、一概にどちらが良いとはいえません。

それぞれのメリットとデメリットを紹介するので、自分にはどちらがより適しているのか判断する様にしてください。

新築マンションのメリット・デメリット

メリット

  • ・固定資産税の軽減措置がある
  • ・最新の設備や工法、サービスが採用されている
  • ・室内設備や間取り、仕様などオプションの選択肢がある
  • ・共用設備が充実している
  • ・引き渡し後10年間の瑕疵保証制度がある

デメリット

  • ・価格が高い
  • ・購入後の価格下落が大きい
  • ・消費税がかかる
  • ・購入前に日当たりや眺望などの確認ができない
  • ・希望するエリアに物件がない場合がある
  • ・管理状態が不明
  • ・将来、修繕積立金が値上がりする可能性がある

中古マンションのメリット・デメリット

メリット

  • ・価格が安い
  • ・新築と比較して購入後の価格下落が少ない
  • ・売り主が個人の場合、消費税がかからない
  • ・日当たりや眺望、管理状態、他の住民の様子など実際の状況を見て確認できる
  • ・希望のエリアから選ぶことができ、選択肢が多い
  • ・駅近など比較的立地の良い場所に建っていることが多い
  • ・自分好みにリノベーションして住むには最適

デメリット

  • ・仲介手数料がかかる
  • ・固定資産税の軽減措置が適用されない
  • ・共用部の設備や配管などが古い
  • ・築年数や管理状態により、構造躯体が劣化している可能性がある
  • ・建物の基本性能が低い
  • ・瑕疵保証制度がなく保証期間が短い

まとめ

マンション購入の失敗談や注意点を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

マンションには、一戸建て住宅とは異なるマンション特有の注意点や問題点がたくさんあります。

また、新築マンションと中古マンションでも注意すべき点が異なります。

これらを良く知らずに購入してしまうと、後悔してしまう事にもなりかねません。

マンション購入で失敗しないためには、マンションの特性を良く理解し、契約時、決済時、入居後の費用について十分に把握した上で、無理のない返済計画を立てることが大切です。

また入居後の住人関係や騒音トラブルに巻き込まれないためには、近隣への配慮がマンションライフでは不可欠になるので、購入前に管理規約などを良く理解しておく必要があります。

皆様のマンション購入が成功するために、本記事がお役に立てば幸いです。

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v