未分類

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

大田区の住みやすさは?治安や魅力、交通利便性や家賃相場を解説!

 

東京都23区内で一番南に位置している大田区。

大田区の大田は昔からの区名ではなく、大森区と蒲田区が合わさって大田区となったという由来があります。

大田区の面積の約3分の1を占めるのは大空港である羽田空港。

都心から一番離れてはいますが、交通のアクセスも良く空の玄関口でもある大田区。

そんな大田区について、住みやすさや特徴、観光スポット、交通の利便性など深掘りしていきます。

大田区の基本情報

画像引用:大田区ホームページ:地域地区図

先ずは大田区の面積や人口、公共料金などの基本情報を見て行きましょう。

面積

大田区の面積は60.83㎞²。

東京23区内では第1位の面積の広さです。

2つの区が合併して出来た区なので最もとも言えます。

人口

大田区の総人口は、2019年4月1日時点で732,618人。

大田区の人口を男女比で見て見ますと、男性は363,944人、女性は368,674人と男女差があまりないことが分かります。

また、大田区の総人口の年齢別では、14歳までが80,217人、15歳~64歳までが486,516人、65歳以上が165,885人です。

65歳以上の内、100歳以上の方は278人。

ちなみに大田区の世帯数は、394,754人でした。

ここでプチ情報を1つ。

区の情報は区ごとが掲載しているHPによるのですが、大田区のHPはとても見やすいです。

基本情報から各手続き方法、各情報を知る上で知りたい情報が一発で出てきますので、大田区で気になることがあれば大田区のHPを見ると良いでしょう。

平均年齢

大田区の平均年齢は、2018年のデータを参考にしますと44.80歳。

年齢にちなんで大田区の平均寿命はと言うと、男性は80.7歳、女性は86.7歳となっています。

男性が80歳を超えていますから平均寿命は高い方と判断して良いのではないでしょうか。

居住外国人

先ほどと同じデータの中で、外国人の数は24,443人。

男女比で見ると、男性は11,556人で女性は12,887人とこちらも男女差はあまりありません。

公共料金

大田区の公共料金についてはっきりとわかることは、水道料金・下水道料金・介護保険料の3つ。

大田区の1ヶ月の水道料金は3,134円、1ヶ月の下水道料金は2,635円、介護保険料は6,000円です。

 

~今月の人気記事~

家の売却時に570万円以上損をしてしまうことも!?

不動産査定サイトを使わないと大損をしてしまう理由と35サイト徹底比較

大田区の住みやすさは?実際に住んでいる人の口コミ・評判

大田区は2つの区が合わさった形になりましたので、2つの顔を持っています。

有名な田園調布のような高級住宅街と、有名な蒲田のような町工場の街の二面性。

そんな大田区に実際に住んでいる人の口コミ・評判にはどのようなものがあるのかをいくつか紹介します。

  • 「子育て世代の家族が多いので治安がとても良い」

 

  • 「商店街や大型スーパーがあり、日頃の買い物は大抵買い揃えることが出来るので便利」

 

  • 「50年以上犯罪も起こっていないし、街灯が多く夜でも明るい」

 

  • 「駅前に病院が多くあるので、何かあってもすぐに対応出来て安心」

 

  • 「京急線で乗り換えなく品川や川崎に行けるし、横浜や東京などの大きな駅にも30分以内で行けます」

 

  • 「電車もバスもタクシーも本数が多いからアクセスに関しては最高です」

大田区は治安の良さや交通の便利さ、買い物の効率の良さなど、住みやすさについては高評価です。

住みたいと思う要素がほとんど全て揃っているのが大田区。

現在では特に外せない防災面も強化をしていますし、より子育てしやすい環境に整備されているようなので、尚更住みやすいと言えるのではないでしょうか。

大田区の魅力は?特徴や観光スポット・特産品まとめ

大田区にはどのような魅力があるのか、大田区の特徴や観光スポット、特産品をまとめてみました。

大田区の特徴

大田区には国内最大級の東京国際空港(羽田空港)があることが真っ先に挙げられます。

と言っても漠然とした羽田空港のイメージですと、羽田空港が大田区にあると知っている人は意外と多くないのかも知れません。

大田区の北西部にあります田園調布は、旧大森区に位置した日本を代表すると言って良いセレブな街。

生みの親は、新しい紙幣の肖像画にもなります渋沢栄一です。

旧蒲田区には町工場が多く、ものづくりの街としても有名。

また大田区は、治安の良さ、交通の便利さ、買い物の便利さという生活のしやすさはもちろん、歴史的な建造物も多く、下町情緒の残る場所もあり、多摩川を中心として自然が豊かで公園も充実していると幾つもの違う顔を持つところが魅力。

大田区の観光スポット

大田区の気になる観光スポットには何があるのかを見て行きましょう。

羽田空港

大田区の観光スポットと言えば、NO.1は羽田空港です。

羽田空港の第一旅客ダーミナルや第二ダーミナルの展望デッキは、人気の高いスポット。

別に飛行機を利用しなくても、空港内には多くの商業施設や店舗が入っていますので、1日中飽きずに楽しめます。

城南島海浜公園

羽田空港に近いため、離着陸のビュースポットでもある城南島にある海上公園です。

キャンプ場やスケボー広場あり、砂遊びや散歩が出来る砂浜あり、潮干狩りも楽しめます。

さまざまな口コミでは、飛行機がド迫力に感じられる、飛行機好きにはたまらない、最高の飛行機撮影スポットと飛行機関係が多数で、感動が止まらないようです。

池上本門寺

大田区の池上にあります日蓮宗の大本山が池上本門寺です。

所蔵する文化財も多く、重要文化財には池上本門寺五重塔、池上本門寺宝塔、木造日蓮聖人坐像など。

大田区指定有形文化財には総門と扁額、経蔵、石段、加藤清正供養塔など。

桜の名所としても知られているのですが、桜と五重塔、本堂のコラボレーションは美しさに圧倒されること間違いなし。

池上本門寺の毎年のイベントとして知られる「100万人のキャンドルナイト」は幻想的。

洗足池公園

洗足池を要する広大な公園。

公園内には池月橋や水生植物園、洗足池のスワンボート、大田区立洗足池図書館などがあり、楽しみ方はさまざま。

また、春は区内最大級の桜の名所でお花見スポットとして多くの人が賑わい、秋は紅葉を満喫出来ます。

桜坂

福山雅治さんの曲で一躍有名となった桜坂は、大田区にあります。

それほど長くはないようですが、爆発的なヒット曲によって今でも満開の時は人が溢れるほどです。

池上梅園

大田区の区の花は梅、区の鳥はウグイス。

1月から3月にかけて、まさしく梅にウグイスの光景に出会えるかも知れない観光スポット池上梅園は、池上本門寺の西側に位置します。

ボタンやツツジなども咲き誇りますので、梅のシーズンだけでなく四季を通じて花々を楽しめるのです。

また、園内には落ち着いた情緒あるお茶室もあり癒しの空間。

大田区の特産品

大田区の特産品には、工業の街である大田区ならではの機械、金属、電化製品の部品があります。

ここで余談ではありますが、工業の街繋がりでどのような企業の本社があるのか、いくつか紹介しましょう。

例えば、スーパーのオーケー、キャノン、ソニー損害保険、東横イン、はとバス、リコー、ワタミ、東京流通センター、JALスカイ、スカイマーク、エアージャパンなどです。

他には、蒲田名物の羽根つき餃子、東京大田汐焼きそば、蒲田切子など。

羽根つき餃子

今や冷凍食品にも羽根つき餃子が販売されているくらい話題の羽根つき餃子。

蒲田は羽根つき餃子発祥の地と言われているだけあって、羽根つき餃子を出す人気店が目白押し。

店舗によっても羽根具合や値段、味も違うので、違いを比べて食べ歩きするのも良いでしょう。

東京大田汐焼きそば

大田区のまちおこしを目的として開発された東京大田汐焼きそばは、漁業が盛んだったことに因んでの発想。

大田区の区花である梅(カリカリ梅)、特産物である大森海苔、イメージとして桜坂から桜えびや大森貝塚からアサリなど、アイディア溢れる一品です。

大森海苔

大森の方はというと海苔養殖の発祥の地と呼ばれています。

昭和37年には埋め立てによって海苔養殖は終了となりましたが、養殖技術が全国に広がったことで海苔のふるさととも呼ばれているのです。

ちなみに、大森には海苔の歴史や文化に触れることの出来る海苔のふるさと館があります。

蒲田切子

有限会社「フォレスト」のオリジナルブランド製品です。

江戸切子の伝統に斬新さを加えた蒲田切子は、蒲田モダンと称されます。

中でも水鏡シリーズは、蒲田切子オリジナルの文様で現代の食卓に合うようにとデザインされたもの。

江戸切子との違った味わいである蒲田切子を一度見て見ませんか?

 

~今月の人気記事~

家を建てるときに絶対にやってはいけないこととは?

ハウスメーカー選びの鉄則とおすすめのハウスメーカーランキング2019(令和元年)

大田区の買い物事情は?スーパーや複合施設情報まとめ

大田区にはスーパーも豊富にあるので幾つかを紹介します。

イトーヨーカドー、まいばすけっと、マルエツ、東武ストア、オーケー、京急ストア、ライフなど。

特に、まいばすけっとやマルエツは支店が多く主婦の味方と言っても過言ではないでしょう。

そして、蒲田では商店街に活気があるとの情報がありましたが、それは若い人にも来てほしいという願いを込めて仮装大会、ハロウィンから婚活パーティーまで、商店街自体がイベントの場として取り組みを実施しているからなのです。

また複合施設で見ますと、大田区の蒲田周辺には大型商業施設であるグランデュオ蒲田があります。

蒲田駅から直結しているので、そのまま買い物が可能。

雑貨からファッション、グルメなどグランデュオ蒲田だけでまとまった買い物が出来ますし、ゆっくり寛げる空間も。

もう1つ、蒲田駅から直結して人気のショッピングモールが東急プラザ蒲田。

こちらもライフスタイルに必要なお店が揃っていて便利です。

大田区での最大の複合施設と言えるのは、羽田空港内の数々の店舗でしょう。

お馴染みのユニクロやそらドンキにローソン、そしてブルースカイやハローキティジャパンもあります。

空港を利用する時だけではなく、1日中買い物を楽しめますから買い物を目的として利用されても良いのでは。

大田区のおすすめグルメスポット3選

大田区でおすすめのグルメスポットと言うとどこがあるでしょうか。

ここでは食べログサイトのおすすめグルメ情報の中で高い評価のお店を紹介します。

➀初音鮨

蒲田駅から徒歩5分の所にある食べログランンキング1位の寿司店です。

10年連続でミシュラン二つ星として掲載されていますし、2017年から3年連続でTHE TABELOG AWARD Silverも受賞。

100年以上続く老舗の味を堪能してみませんか?

➁丸一

最寄り駅が京急蒲田駅となっている丸一は、とんかつのお店。

蒲田はとんかつの有名店が並ぶ激戦区の中、他のメニューは一切なし、とんかつ一球勝負で上位にランクイン。

2017・2018と百名店に選ばれている丸一に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

③Gemelli(ジェメリ)

大森駅が最寄り駅のイタリアン・パスタ・ピザの店。

中でも断トツの人気メニューが濃厚ウニのクリームスパゲッティーニ。

メニュー名だけでも食べたくなりませんか?

2018年度OTA!!いちおしグルメ!!を受賞しているほど、味が自慢のGemelliです。

大田区の交通利便性は?

大田区の強みは何と言っても羽田空港があること。

羽田空港、そして成田空港へも交通のアクセスが非常に便利です。

大田区の鉄道路線には、JR京浜東北線、京浜急行本線・空港線、東急多摩川線・東横線・目黒線・大井町線・池上線、都営浅草線、東京モノレールなどがあります。

また、大田区では京浜急行バス、東急バス、都営バスと路線も充実。

大田区の交通道路は、国道1号線、15号線、131号線、357号線の一般国道。

首都高速の1号羽田線や湾岸線などがあります。

大田区は子育てしやすい?治安や待機児童数、犯罪件数まとめ

大田区の待機児童数は、2018年4月1日時点で250名。

2017年度が572名、2016年度は229名と、待機児童数の変動が激しい大田区。

高級住宅街の地域、羽田空港や工業地帯の地域と、地域によって違いはありますが、相対的に大田区は子育でしやすく住みやすい街だと一定の評価があります。

では、より詳しい大田区の学校事情や子育て支援サポート、気になる治安、犯罪件数を紹介します。

小学校・中学校・高校

大田区内の小・中学校

大田区内にある小学校は、公立59校、私立2校で全部で61校。

小学校児童総数は29,037名、男女比は男子15,067名、女子13,970名です。

大森小学校を始め、馬込小学校、池上小学校、田園調布小学校、洗足池小学校などが挙げられます。

そして、大田区内の中学校は、公立28校、私立1校で全部で29校。

中学校生徒総数は10,701名、男女比は男子生徒5,749名、女子生徒4,952名。

大森中学校を始め、馬込中学校、田園調布中学校、羽田中学校、蒲田中学校など。

ここまでの数字は確実性を持つために、大田区のHPを参考にしたもの。

大田区のデータが古いのですが、校数は変わっていないようです。

児童数、生徒数には若干の差があるかも知れません。

大田区内の高校

大田区の高校も大田区のHPにて2013年の更新となっています。

大田区の都立高校は8校、私立高校は6校です。

こちらは先ほどの古いデータよりも校数が増えています。

全ての高校を紹介しますと、都立高校は大森高校、蒲田高校、田園調布高校、雪谷高校、つばさ総合高校、六郷工科高校、美原高校、大田桜台高校。

私立高校は蒲田女子高校、東京高校、東京実業高校、日体荏原高校、大森学園高校、立正大付属立正高校です。

大田区の子育て支援サポート

大田区の子育て支援として挙げられるのは、子ども医療費助成制度。

所得制限、自己負担なしに中学3年生まで受けることが出来ます。

また、大田区では子育てに奮闘中の方へ、育児に関する情報を紹介する「子育てハンドブック」を配布。

そして、育児の支援・交流の出来る「子ども家庭支援センター」が開所されています。

2002年の洗足池の開所から蒲田、大森、六郷にそれぞれ開所を果たしました。

子どものキッズと絆のなで、「キッズな」という愛称。

こちらの事業の内容は次の通りです。

  1. 子どもと家庭に関する相談に対応。
  2. 育児の手伝いをしたい方と預けたい方を会員制にして、お互いが支援していくという形の「ファミリー・サポートおおた」
  3. 親同士子ども同士が交流し情報交換の出来る「子育てひろば」
  4. 時間制で乳幼児を一時預かる「キッズルーム」
  5. 子育て向上支援と共に児童虐待を未然に防ぐようにと実施される「親支援プログラムグループワーク」

子ども家庭支援センターだけでも、子どもと家庭への支援活動が展開されているので、子育てのしやすさに一役も二役も大田区は担っていることが分かります。

ちなみに、2017年のデータですがその時点で、保育所等の月額平均が34,400円。

施設数は147、利用児童数11,708名となっていました。

待機児童数は2018年には572名から250名に減少していますから、施設数、利用児童数共に数字に多少の変動があるかも知れません。

大田区の犯罪件数

大田区の犯罪件数は6,254件と多いようですが、人口との割合による犯罪発生率を見ると、東京23区の中では低い方。

大田区の治安は良い方と言えるでしょう。

大田区の夜の雰囲気は?

大田区内の駅周辺は夜でも人通りがあるので安心ですが、路地に入りますと暗くなるのでその点気を付けて下さい。

大田区の公共施設って?

大田区の公共施設には、大田区役所各施設はもちろんのこと、大田区役所の地域施設や子育て支援施設、大田区の各地域に図書館が多くあります。

また、大森や蒲田の税務署、消防署、各警察署、大田市場、大森スポーツセンター、大田スタジアム、昭和のくらし博物館などさまざま。

大田区には公園も多く、平和の森公園や大森ふるさとの浜辺公園、本門寺公園、西六郷公園、多摩川台公園、洗足池公園、京浜島つばさ公園、東京港野鳥公園、城南島海浜公園など多数。

大田区の家賃相場は?

大田区の家賃相場は、さまざまな不動産サイトや住宅サイトを参考にして分かりやすい目安の紹介です。

間取り別の大田区の家賃は以下のとおり。

  • ・1K・1DK・2K:8万円~10万円
  • ・1LDK・2DK:10万円~13万円
  • ・2LDK以上:14万円以上

あくまでも目安ですのでご参考にして下さい。

大田区の土地相場は?

大田区の土地相場として、分かりやすいサイトがありましたのでこちらを参考に紹介していきます。

2019年の大田区の公示地価は、平均62万円余り/m2

ちなみに坪単価は1坪約207万円となっていました。

また、大田区のエリアごとでの地価ランキングが表示されていて、地価の高い順に蒲田(約112万円)、京急蒲田(約101万円)、大森(約92万円)、大森海岸(約86万円)と続きます。

昭和島の29万円までランキングされていますので、1つの参考にして下さい。

参考:大田区の土地価格相場・公示地価・坪単価

大田区で行われる主なイベント

大田区で行われるイベントは1年を通して多いのが特徴。

1月には七福神まつりや子ども流鏑馬、とんび凧あげ大会。

2月は節分祭、4月には禰宜の舞、5月は春宵の響き、6月が子ども獅子舞、7月は水止舞、8月は平和都市宣言記念「花火の祭典」、9月は空の日(羽田空港)、10月はOTAふれあいフェスタ、大田市場まつり、11月は酉の市、12月はクリスマスコンサートと盛りだくさん。

大田区でおすすめの住みやすい街ランキングTOP3

ここでは、大田区でおすすめの住みやすい街ランキングで、多くランクインしている街を総合的に判断してTOP3のランク付けをしました。

第1位 大森

人気NO.1の住みやすい街は大森です。

治安が良く、庶民的な商店街があり、病院・学校・公園・買い物環境など日常生活に困らないという意見が多くありました。

バランスの取れた街と言えるでしょう。

第2位 田園調布

セレブな街として有名な田園調布は、女性の憧れの街。

有名人の邸宅も多いので、治安も良く綺麗な街という印象。

高級住宅街が広がっているだけではなく、至る所に緑豊かな街路樹があり、子育てするのも良い環境となっています。

第3位 大岡山

大岡山の魅力は、治安の良さと交通の利便性。

都内や横浜市内にアクセスがしやすいと高い評価。

商店や飲食店も充実しているので買い物環境もばっちり。

また、大岡山駅の上に、日本初の駅上病院である東急病院があります。

商店街や病院など必要な場所が確保されていますから、住むのには非常に便利であると言えます。

まとめ

大田区の知りたいをまとめてみましたがいかがでしたか?

大田区は田園調布や羽田空港という強烈なイメージがありますが、公園も多く自然に囲まれた豊かなエリア。

住みたいと思えるには、やはり治安面、子育て環境、交通網などが良くなければなりませんが、大田区は治安も良く子育て支援も充実していますし交通の利便性もあります。

特に大田区を挙げて取り組んでいるのが子育て支援ですが、大田区で楽しい子育て生活を始めませんか?

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v