ハウスメーカー

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v

レスコハウスの家の評判って?失敗・後悔しない家づくりの為に知りたい口コミと坪単価2020

 

みなさんは、ヒノキヤレスコというハウスメーカーをご存知でしょうか?

災害大国といえる日本で注文住宅を検討している方は、耐震性や耐火性など災害に強い家を建てたいと思う方は多いですよね。

様々なハウスメーカーがある中でも、ヒノキヤレスコは鉄筋コンクリート造りの注文住宅“レスコハウス”が有名で、災害に強く長持ちすることで支持を得ています。

ですが、鉄筋コンクリート住宅という事で他のハウスメーカーにしようかと悩む方も多いようです。

「コンクリート住宅って、なんか寒そう。」

「地震や家事に強くても、結露とかはどうなの?」

「コンクリート質のデザインは温かみがなくて、あまり好きじゃない。」など

家は一生の買い物になるので、失敗はしたくないですよね。

レスコハウスは、その常識を覆すようなおすすめの素晴らしい家です。

今回は、レスコハウスについて良いことも悪いことも、包み隠さずご紹介していきます。

また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。

それは、少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。

住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。

一番最初に行うべきは、自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。

しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。

また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。

最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。

ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。

そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求サービスです。

予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。

運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。

スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sのカタログ一括請求はこちら⇒

前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。

それではここからレスコハウスの評判や特徴について、詳しく解説をしていきます。

レスコハウスの生の評判・口コミまとめ

家を建てるうえで、実際にレスコハウスの注文住宅を建てた方の声は参考になりますよね。

レスコハウスの悪い評判・口コミ

実際にレスコハウスを建てた方の中には、がっかりした事がある方もいました。

・営業マンにイライラ、勉強不足で質問しても答えられず、修繕箇所があっても見てみないふりをされた。

・Z空調を導入したら、とっても乾燥した。

営業マンに対して不満がある方の意見がいくつか見受けられました。

せっかく一生モノの高い買い物をするのに、営業マンに知識がないのは残念ですし、腹立たしい気持ちになりますよね。

でも、「営業マンも現場監督もかかわった方すべて誠実な方だった。」という意見もありました。

各地に何名もいる営業マンなので、残念ながら当たりはずれがあるようです。

レスコハウスは、建てる前だけではなく建てた後も補償してくれるので、担当者とは付き合いがずっと続きます。

もしも、「この担当者とは合わないな。」と思った場合は、できるだけ早い段階で担当を変えてもらいましょう。

我慢して、最初についてもらった営業マンから家を買う必要はありません。

それと、乾燥しすぎるという意見もいくつかありました。

ですが、Z空調のおかげで結露が一切できない、夏は涼しく冬は暖房なしでも温かいなど、Z空調は快適という意見の方が多いのが事実です。

乾燥が気になる方は、加湿器の導入が必要となりますね。

レスコハウスの良い評判・口コミ

実際にレスコハウスで家を建てた方は、自分の家に大満足している方が多くいらっしゃいました。

・実際に地震が来た時に、耐震性を実感できました。

ほとんど揺れを感じません。

子供にも、地震が来たら家に入りなさいと教えています。

・担当の方が親身になって理想を形にしてくれたので、住み始めて1年半たったいまも、ああすれば良かったこうすれば良かったという後悔は一つも見つかりません。

・夜にジャズバーくらいの音量で音楽をかけても、全く音漏れがしませんでした。また、周りの生活音も聞こえません。

おかげで趣味の音楽を楽しめています。

 

東日本大震災の後、レスコハウスの家を建てた方が多くいらっしゃいます。

東日本大震災のあとにきた小笠原諸島西方沖地震(2015年5月30日)で耐震性を実感した方がたくさんいました。

小笠原諸島西方沖地震は、最大震度5強マグニチュード8.1を観測し、都心部でも震度4と非常に大きな地震でした。

こんなに大きな地震でも、少ししか揺れを感じなかったというのは、さすが!としか言いようがありませんよね。

資料請求をまとめてする⇒

レスコハウスのデメリット

レスコハウスは、残念ながらデメリットが2つあります。

①建てた後のリフォームは大変

コンクリートでしっかりした丈夫な家を建てる為、将来的にも大きな間取り変更のリフォームをすることも難しいです。

将来的に間取りを変更することがありそうな場合は、設計する際に相談したほうがいいですよ。

レスコハウスは、ライフステージに合わせて間取りを変化させることが出来る部屋作りをすることもできます。

②デザインにこだわることが出来ない

レスコハウスでは、コンクリートの強度を保つため現場ではなく工場でコンクリートパネルを製造しています。

現場では、工場から来たコンクリートパネルを組み立てていく工法(WPC工法)なので、外観を細かくデザインすることが出来ません。

また、「壁一面を大きな窓にしたい」などの耐震強度にかかわるようなデザインにすることも、災害に強い家を作っているため断られてしまいます。

レスコハウスは、基本的にスタイリッシュなデザインが特徴なので、好き嫌いが分かれるデザインではあります。

レスコハウスの5つの特徴・メリット

鉄筋コンクリート造りで、長く安心して快適に過ごせるレスコハウスの家の具体的な特徴とメリットをご紹介いたします。

①充実のアフターサービス

レスコハウスで家を建てると、引き渡しの際に35年無料点検・補修制度に無料で加入します。

1年目・2年目・5年目・10年目以降5年ごとに、点検をしてくれて何かあれば無料で補修してくれます。

10年保証や20年保証は、他のハウスメーカーでもありますが、35年保証というのは長く安心できますよね。

これだけでも、大変ありがたいのですが、レスコハウスはこれだけではありません。

住宅設備機器を10年間も保証してくれるのです。

保証してくれる住宅設備機器は、給湯器・システムキッチン・ユニットバス・洗面台・温水洗浄便座・テレビドアホンです。

メーカーの保証期間がすぎても10年以内であれば、無償で何度でも修理してくれるのは非常にありがたいですよね。

②長く住むことが出来る耐久性

コンクリート住宅は、一度建てたら100年以上持つといわれています。

そのうえ、レスコハウスのPCパネルは、耐用年数180年の高品質で頑丈なコンクリートパネルを使用しています。

そのため、一般的なコンクリート住宅よりも丈夫で、長く住むことが出来る家を建てることが出来るのです。

また、法律で定められている耐用年数は、木造住宅は22年ですが、鉄筋コンクリート住宅は47年と定められています。

コンクリート住宅は木造住宅よりも長く住み続けることができるのは一目瞭然で、法律でも保障されています。

このことから、コンクリート住宅は耐久性に優れているので、長きにわたって資産価値が高いのも特徴です。

自分たちが住まなくなっても、次の世代が住み継ぐ事も出来ますし、売却しても買い手が見つかりやすいというメリットがあります。

また、頑丈で耐久性に優れていることから、屋上を自由に活用する“青空リビング”を作ることも出来ます。

夏には大人数でバーベキューをしたり、庭として家庭菜園を作ったり、露天風呂を作ったりする事もできます。

都心部だと、庭を持つのを諦めている方も多いようですが、レスコハウスだと屋上をそのまま庭として使うことが出来ますよ。

③災害に強い家

レスコハウスは、地震・火災・台風・水害など様々な災害に耐えることが出来る家です。

レスコハウスは、強度と密度が高いPCパネルを工場で作り、このPCパネルを現場で箱型に組み立てるWPC工法を採用しています。

これによって、木造住宅の梁や柱で揺れを受け止めるのとは違い、壁全体で揺れを受け止めるので、地震による揺れを最小限に抑えることが可能です。

また、1000℃を超えても強度を保つことが出来るので、火事にも耐えることが出来ます。

たとえ、自分の家で火事が起きても燃え崩れることがないので、補修して再び住むことも出来るんです。

もちろん、隣家が火事になっても燃え広がる心配もありませんよ。

火災によるリスクが低いため、火災保険も安く掛けることが可能です。

レスコハウスは、コンクリート造りで木造と比べ重たいので、基礎がしっかりしています。

この基礎のおかげで、地震だけではなく台風や水害にも強い家を作ることが出来るのです。

④一年中過ごしやすく快適な家

レスコハウスは隙間が少なく気密性が高いため、夏は冷房が効きやすく、冬も外気が入ってこないので寒くなりません。

さらに、自社独自の冷暖房システム“Z空調”を導入すると一年中快適に過ごせ、冷暖房費を抑えることもできます。

家全体を空調管理することで、部屋ごとの寒暖差をなくし、どの部屋に行っても快適に過ごすことが出来ます。

冬になると、トイレやお風呂は寒く行くのにストレスを感じていませんか?

夏は、クーラーをつけていても二階が暑すぎて、夏は一階だけで過ごしているご家庭はありませんか?

Z空調を導入すると、このような悩みが一気に解決できますよ。

これなら、ペットがいるご家庭も、夏の暑い日や冬の寒い日にお仕事などで家を空けても安心ですね。

⑤抜群の遮音性

コンクリート造りの家は、木造の家よりも遮音性に優れています。

レスコハウスのPCパネルは、通常のコンクリートパネルよりも水分量が少ないので頑丈でとても重厚にできています。

そのため、他のコンクリート住宅より非常に遮音性に優れています。

レスコハウスの遮音性は、90㏈の騒音を40㏈まで軽減することが実証されています。

90㏈は、地下鉄の車内にいるときと同じくらいの騒音で、40㏈は図書館内の騒音と同じくらいです。

なので、大きな道路沿いに家を建てても、騒音に悩まされることはありません。

赤ちゃんがいるご家庭には特に遮音性に優れているレスコハウスはおすすめです。

また、閑静な住宅街でも、家の中にシアタールームや音楽を楽しむ部屋を作っても迷惑をかける事はありませんよ。

周りを気にせず、趣味に没頭できる家っていいですよね。

資料請求をまとめてする⇒

レスコハウスの注文住宅の価格・坪単価

これだけ、丈夫で快適な住宅だと価格が気になりますよね。

坪単価の範囲は70万円~80万円

レスコハウスの坪単価は、2階建ての場合70万円ほどで3階建ての場合80万円ほどです。

一般的に、コンクリート住宅の坪単価は70万~100万程といわれていますので、レスコハウスは安い方に入りますね。

安いのって大丈夫なの?と思った方は多いのではないでしょうか?

レスコハウスが安い理由は明確です。

レスコハウスは、工場造ったコンクリート材を現場で組み立てるWPC工法で家を建てていきます。

現場でコンクリートを流し込んで作る工法ではないため、短期間で家を建てることが出来ます。

短期間で造れるという事は、人件費が抑えられるのでその分、坪単価も安く抑えることが出来るのです。

レスコハウスで注文住宅を依頼する際の流れ

では、実際に家を建てる時はどのような流れになるのでしょうか?

ここでご紹介するのは、注文住宅の依頼が決まってからの流れです。

今後、レスコハウスで家を建てようか検討中の方は参考にしてみてください。

STEP①外観のデザインを決める

レスコハウスの注文住宅は、外観のデザインを決めるところから始まります。

外観のデザインには、コンクリートパネルを打ちっぱなしにしたスタイリッシュなかっこいいデザインから、弾性塗装材とタイルを組み合わせたオシャレなデザインまでさまざまです。

家の顔となる外観のデザインは、家族全員納得したものにしたいですよね。

資料を見ながら外観を決めていくと、家が完成した時の想像がつきマイホームへの期待が膨らんでくるはずですよ。

STEP②間取りを決める

外観が決まると、次は間取りです。

ここで何階建てにするのかを決め、どういった間取りにするかを決めていきます。

ほとんどの方が初めての注文住宅なので、具体的な間取りを自分たちだけで決めていくとなると、なかなかうまくいかず時間がかかってしまいます。

レスコハウスでは、経験豊富な担当者が理想を形にしてくれます。

例えば、

・リビングはできるだけ広く、吹き抜けなんていいな~

・収納にウォークインクローゼットがほしい

・将来的に子供が増えるかもしれない

・将来は親と同居するかもしれない

・屋上に露天風呂なんて憧れるな~

・シアタールームやカラオケルームを作りたい 等々

家を建てるとなると、家族みんな色々な理想が出てきます。

担当の方は、いろいろ話し合っていきながら、出来る範囲で理想を形にしてくれます。

こんなにたくさんのわがままを聞いてくれるなんて、注文住宅って最高!と思わせてくれるでしょう。

STEP③設備の仕様を決める

間取りが決まったら、最後はさまざま設備の仕様を決めていきます。

洗面台やお風呂場やトイレなど、家にはさまざま設備が備わります。

・トイレには手洗い場をつけた方がいいかな?

・洗面台はお店みたいに自動で水が出るのに憧れる~

・お風呂は洗い場も広く、おしゃれなのがいいな!

・食洗器付きの広くておしゃれなシステムキッチンにしたい! 等々

どんどん要望を言っていきましょう。

こんなにこだわれるのも、注文住宅だからです。

ここまで決まると、家の完成形が想像つきますよね。

レスコハウスの着工から完成までの期間は、家の大きさにもよりますが概ね120日ほどです。

建設中も見学することが出来るので、引き渡しまでの期間はワクワクが止まらないはずです。

レスコハウスでは、建てる場所が決まっていない場合は、土地の相談にも親身になってのってくれますし、ローンの相談にものってくれます。

家を建てるときに、専門家の方が近くにいてくれて、相談にのってくれるのはとても心強いですよね。

資料請求をまとめてする⇒

レスコハウスの住宅の商品ラインナップ

レスコハウスでは、注文住宅だけではなく賃貸住宅なども建設することが出来ます。

頑丈なコンクリート住宅なので、自宅だけではなく賃貸用も建設できるのは納得ですよね。

注文住宅の“キューブフィット”

家は、一生に一度の大きな買い物です。

どうせなら、とことんこだわった家を建てたい!と思っている方は、注文住宅キューブフィットがおすすめです。

注文住宅は、設計からとても時間がかかります。

でも、ライフスタイルに合った家で快適に生活することができ、間違いなく家族全員納得の家が完成します。

注文住宅は、値段も時間もかかってしまいますが、それ以上に大満足できる家になりますよ。

企画住宅の“キューブセレクト”

企画住宅キューブセレクトは注文住宅と違い、ある程度決まった間取りやデザインを選んでいき、家を作っていきます。

さまざまな間取りやデザインから選ぶことが出来るので、意外と納得できる家を建てることが出来ます。

注文住宅とくらべ、企画住宅のほうが価格も安く抑えることが出来るのも人気の秘訣です。

好みの間取りにさえできれば、企画住宅で家を建てるのがおすすめです。

内装や設備もさまざまな種類から選ぶことが出来るので、間取りさえ好みなのがあれば、大満足できる家が出来ますよ。

企画住宅で、どうしても納得できる家にならなければ、注文住宅で納得できる家を建ててくださいね。

賃貸併用住宅の“タウンコード”

賃貸住宅の建設をお考えのオーナーさんは、レスコハウスの賃貸併用住宅タウンコードを建設しませんか?

ヒノキヤレスコでは、立地やニーズを徹底的に調査し、最適なプランニングまでしてくれます。

レスコハウスは、スタイリッシュなおしゃれなデザインに、頑丈で遮音性に優れたコンクリート造りです。

賃貸住宅を選ぶとき、外観や遮音性は結構重要ですよね。

また、きちんとこまめにメンテナンスをすると、長く快適に過ごしてもらう住宅を提供できます。

長く安定した不動産収入を得るにも、レスコハウスはおすすめです。

レスコハウスは全国で住宅展示場を実施中!

家を建てようとお考えの方や、レスコハウスの家を実際に見てみたい!という方は、ぜひ住宅展示場を見学してください。

現在、東京・千葉・神奈川・埼玉の4つの地域で6か所の住宅展示場があり、実際の建物を見学することが出来ます。

展示場ごとに建っている家の内装やデザインが違うので、本気で考えている方はハシゴするのもおすすめです。

まだ建てる予定はないけど、見てみたい!という方も、ぜひぜひ見学してみてください。

横浜展示場

横浜展示場では、二の字型キッチンにシアタールームなどワンランク上のZ空調搭載の注文住宅キューブフィットを見学することが出来ます

さいたま新都心展示場

さいたま新都心展示場では、Z空調搭載で、吹き抜けや大きな窓で明るく開放的リゾート的な空間が特徴の注文住宅キューブフィットを見学することが出来ます。

立川展示場

立川展示場では、Z空調搭載の二世帯注文住宅キューブフィットを見学することが出来ます。

二世帯住宅を見学できるのはここだけですよ。

新川崎展示場

新川崎展示場では、注文住宅キューブフィットと賃貸用住宅タウンコードを見学することが出来ます。

また、屋上にはテーブルやソファーが置いてあり、青空リビングも見学することが出来ます。

錦糸町展示場

錦糸町展示場では、注文住宅キューブフィットと賃貸用住宅タウンコードを見学することが出来ます。

キューブフィットは、ライフステージに合わせて間取りを変化させることが出来る部屋や、家事をしやすくする作りなど、オシャレさだけではなく実際の住み心地にこだわった作りとなっています。

松戸展示場

松戸展示場では、注文住宅キューブフィットを見学することが出来ます。

キューブフィットといっても、自宅としての活用だけではなく、一つの家に居住部分・賃貸部分・カフェスペースを併用した3WAY住宅です。

自宅でちょっとしたカフェを開きたい方は松戸展示場を見学してみてください。

資料請求をまとめてする⇒

レスコハウスの平屋住宅の概要・特徴

レスコハウスのキューブフィットでは、平屋住宅も建てることが出来ます。

平屋住宅は、家族とのコミュニケーションがとりやすく、バリアフリーで高齢になっても住みやすいので人気がありますよね。

2階建て以上の住宅では、通常階段スペースとして4~5帖必要とされていますがその分を部屋として活用できるのも平屋住宅の良いところです。

レスコハウスの平屋住宅は、トイレや洗面台をバリアフリー仕様にしたり、防音室を作ったりと理想の平屋住宅を建てることが可能です。

レスコハウスの建売住宅の概要・特徴

レスコハウスでは、その土地に合わせて住みやすい造りの建売住宅“街キューブ”を販売しています。

立地や間取りなどが気に入れば、そのまま購入することが出来るので、注文住宅よりも安く購入することができます。

建設数がそれほど多くはないので、気に入ったものが見つかればとてもラッキーですね。

レスコハウスの会社情報

レスコハウスの会社概要

会社名 株式会社ヒノキヤレスコ
本社所在地 〒112-0004

東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F

TEL:03-6858-7780㈹ FAX:03-6858-7785㈹

工場 利根工場(茨城県稲敷市)
設立 1966年4月14日
資本金 5,000万円
代表者 上村 耕一

引用 株式会社ヒノキヤレスコ会社概要

レスコハウスが対応しているエリア

レスコハウスの施工エリアは、東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城(一部地域)のみです。

レスコハウスのように、災害に強く頑丈な家はこれからどんどんと需要が増えていきますので、全国展開してくれることを願うばかりです。

ですが、対応エリアが狭いことで、社員さんはその地域を熟知し、最適な家を建てる提案をすることが出来るという利点もあります。

まとめ

ヒノキヤレスコの注文住宅“レスコハウス”はいかがでしたか?

レスコハウスは、災害に強く、外気の温度変化にも柔軟に対応できる素晴らしい家ですよね。

一軒家の建設を考えている方は、コンクリート住宅レスコハウスを検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求をまとめてする⇒

FOLLOW US!

  • twitter
  • facebook
  • b!
  • v