マンション一括査定後に営業攻勢をかけられるって本当?

この記事では、

売りたい人

子供も自立したから、今のマンションだと広すぎてさみしいな。

少し小さめのマンションに買い替えようと思うけど、まずは今のマンションがいくらで売れるのか知りたい。

一括無料査定サイトがいいという話を聞くけれど、たくさん営業の電話がかかって来たら怖い・・・。

そういった方の疑問に答えていきます。

前提として、一括査定サイトを利用したときに不動産会社から連絡が来るのは普通のことです。

不動産会社は一括査定サイトにお金を支払い、見込み客の情報を買っています。

見込み客と契約を結んでから売買を成立させて初めて、支払ったお金のリターンを得られるのですから。

あなたのためにも、不動産会社のためにも「売却するつもりのない査定依頼はしないこと」をまず覚えておいてください。

その上で問題なのは、「依頼するつもりのない不動産会社から、何度もしつこく電話がかかってくる」ということです。

断っているにもかかわらず何度も連絡をしてくるというのでは、売り主からすると迷惑でしかありません。

この記事では、

  • ・一括査定サイトのビジネスモデル
  • ・業者からの執拗な電話を断る方法
  • ・モラルの高い会社と提携している一括査定サイト

の3点を中心に、効果的な一括無料査定サイトの活用方法をお伝えしていきます。

しっかりと読み込んで、マンションの売却の成功に一歩近づけましょう!

1、一括無料査定サイトのビジネスモデルを理解しよう!

最初に、一括無料査定サイトのビジネスモデルについて、理解しておきましょう。

下記に簡単な図を作ってみたので、見てみてください。

一般的な一括無料査定サイトの流れを補足説明しておくと、

1、不動産会社が一括査定サイトに登録する。(登録自体は原則無料)

2、売却希望者が、一括査定サイトに査定依頼をかける。

3、一括査定サイトが、売却希望者が入力した情報をもとに、複数の不動産会社とマッチングさせる。

4、売却希望者が、表示された不動産会社の中から査定を依頼したい会社を選択する

5、不動産会社から見積もりの連絡が届く。

6、不動産会社はマッチングしたタイミングで、一括査定サイトに報酬を支払う

といった流れになっています。

ここで押さえていただきたいのは、「不動産会社は見込み客の情報にお金を払っている」ということ。

見込み客と契約を結び、売買契約を成立させられなければ、一括査定サイトへの投資はただの損失になってしまいます。

見込み客が他の不動産会社にも査定を依頼していることを理解しているため、すぐに連絡をしてくるわけです。

では、一括無料査定サイトは利用しない方がいいかというとそうではありません。

それを補って余りあるメリットがあります。

デメリットに感じる部分を最小限に抑えて、メリットを最大限活用していくことが重要ですよ!

基本的には電話に出て話を聞きましょう

前提として、本当にマンションを売却したいと考えているのであれば、電話で担当者の話を詳しく聞いてみましょう。

彼らは迷惑電話をかけているわけではなく、あくまでも不動産業者としての提案を行っているので。

気を付けてほしいのは、最初に電話を取ったに不動産会社に強く契約を迫られ、その会社に決めてしまわないことです。

他の会社にも査定依頼をしている旨を正直に伝え、それぞれとのやり取りをした後で判断しましょう。

一括査定サイトを活用するメリットは、複数の会社を比較・検討すること。

電話のやり取り一つをとっても、信頼のおける担当者かどうかは見えてくるものです。

2、電話で営業攻勢をかけてくる不動産会社の3つの断り方

では、実際にしつこい営業電話をかけてくる業者への対処法を3つお伝えしましょう。

1、キッパリと正直に断りを入れる

ストレートで分かりやすいのがこの方法。

きちんと他の不動産会社に依頼することを決めた旨を伝え、依頼する意思がないことを示しましょう。

営業マンに食い下がられるケースというのは、はっきりと伝えずに言葉を濁している場合です。

依頼するつもりのない何度も連絡を取るのは、不動産会社にとっても無駄な労力になります。

きちんと意志のないことを伝えるのは、担当者のためでもあるのです。

2、メールで断りの連絡を入れる

一度電話に出てしまうと、言葉巧みな営業マンをうまく断れない人もいるはずです。

そういった方は、電話を無視して、メールで断りの連絡を入れておきましょう。

メールだからといって、失礼な文章を送るのではなく、あくまでも誠実に対応してくださいね。

もしかすると、その会社が買い主を見つけてきてくれるかもしれませんから。

3、査定会社にクレームを入れる

もし、断りを入れているのに連絡が減らないときは、下のように伝えてみてください。

「あまりしつこいと、査定サイトの会社にクレームを入れますよ!」

こうなると、営業マンはそれ以上の提案を控えるはずです。

顧客からのクレームが多い不動産会社は、一括査定サイトの評判を落とすことにつながります。

そうなると、一括査定サイトはその不動産会社との提携を打ち切ることを検討するわけです。

不動産会社からすると見込み客を獲得するチャンスを失うので、一括査定サイトの掲載取り消しは避けたいはず。

おどし文句として営業マンに伝えることで、効果が期待できますし、実際にクレームを入れるのも一つの手です。

 

~今月の人気記事~

570万円以上損をしてしまうことも!?

不動産査定サイトを使わないと大損をしてしまう理由と35サイト徹底比較

3、大量の営業メールが送られてくる場合の2つの対処法

これまでは、電話営業の前提で話をしてきました。

しかし、「営業メールが大量に送られてくる!」といった悩みを持っている方もいるかもしれません。

そんな方にお勧めしたい2つの対処法をお伝えしておきます。

1、迷惑メールに設定する

100%依頼するつもりのない不動産会社からのメールは、「迷惑メール設定」で受信拒否に設定しておくといいですよ。

通知がうるさかったり、重要なメールが埋もれてしまうという危険性もなくなりますから。

2、査定対応用のメールアドレスを作っておく

これは一括無料査定を行うタイミングで実施する必要がありますが、事前に普段使いとは別のメールアドレスを作っておくといいでしょう。

そうすれば、見る必要のあるメールが埋もれることもありませんし、査定関連のメールを整理することができるので便利ですよ!

4、独自のアフターサービスを展開している一括査定サイト「イエイ

執拗な営業活動を行う不動産会社が一定数いることは、査定サイト側も把握しています。

野放しにしておくとサイトの評判が下がってしまうため、独自の対応を行っているサイトがあるんです。

今回は、「イエローカードシステム」など独自のオプションサービスを展開している「イエイ」のサービスを少し紹介します。

イエイのイエローカードシステム

引用:不動産、家・マンションの売却なら一括査定サイト【イエイ】

イエイは、10年の運営実績の中でクレームの多い不動産会社との契約を解約し、信頼のできる不動産会社だけを残すような仕組みを作ってきました。

イエローカードシステムなどを前面に紹介しておくことで、不動産会社の営業攻勢をおさえる働きがあるんですね。

とはいえ一括無料査定サイトがお金をもらっているのは、売り主ではなく不動産会社。

「一件のクレームだけですぐに掲載取り消し」ということは現実的ではないことも覚えておきましょう。

お断り代行サービスも!

イエイでは、あまりにしつこい電話をかけてくる営業担当者に対して、代わりに断りを入れるサービスも実施しています。

どうしても口頭で断れない、本音を話せないという方は、利用することでそれ以上の対応をする必要がなくなりますよ!

不動産会社も仕事なので必死ですが、彼らのペースに合わせる必要はないですし、気を遣う必要もありません。

あなたとしても、数百万円、数千万円単位の金額が動くマンション売却ですから、無理な心遣いは不要ですよ。

5、信頼できる一括無料査定サイトの3つの見分け方

ではここから、信頼できる会社と提携している一括無料査定サイトの見分け方を紹介します。

1、サイト運用歴と掲載数が比例しているか

私が知る限り、一括無料査定サイトは30以上の種類があります。

それぞれの査定サイトで掲載数は異なるのですが、まれに運営し始めて2~3年ほどで1000社以上の不動産会社と提携しているケースがあります。

そういった査定サイトは、「とにかく契約している不動産会社の数を増やせ!」きちんとした審査を行っていない可能性があります。

運営歴が10年を超えているのに掲載数が1000未満のHOME4Uなどは、しっかりと審査を行ったうえで、掲載を行っていることがよくわかります。

2、独自の審査基準を持っているか

一括査定サイトには、「うちの会社も提携したい!」と多くの不動産会社から連絡が来るわけです。

しかし、連絡がきたからといって、すべての会社を受け入れているようでは信頼できるサイトとはいえません。

どんなモラルの低い不動産会社が混じっているのか分かったものではありませんから。

例えばCMでも有名なHOMESが運営している一括査定サイトは、HOMESが作成した基準にのっとった会社のみを掲載しています。

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が定めている情報公開のルールにのっとっているとして、評価されているサイトです。

3、アフターサポートがしっかりしているか

「査定結果を出したので、私たちはもう関係ありません。」という査定サイトでは、何かあったときに心もとないですよね。

先ほどから何度も紹介している「イエイ」は、問い合わせフォームで24時間サポートする体制を構築しています。

さらに1日3組限定で、対面でも相談できる個別デスクまで用意されているんです。

一括査定サイトで、ここまでサポート面にお金を投じているところは非常にまれ。

利用者数が400万人を突破しているのもうなずけます。

6、売却するかどうかは査定価格次第で考えたい方へ

ここまで、マンションを本当に売却したいと考えている人である前提でお話をしてきました。

しかし中には、

売りたい人

マンションのローンもまだかなり残っているから、査定額を知ってから売るかどうか判断したい。

という人も一定数いるはずです。

しかし、まだ売るかどうか決めていない段階で、営業マンからたくさんの連絡が来るのははばかられますよね?

そこで、活用していただきたいのが、HOMESの匿名査定です。

HOMESの匿名査定は、個人情報入力なしで査定額を知ることができます

通常一括査定サイトは、個人の情報と物件の情報を入力して、不動産会社を選んでから査定額を知ることができます。

しかし、HOMESの匿名査定を利用すれば、物件の情報だけで先に査定額を知ることができるんですよ!

その上で、依頼したい会社に出会えた場合は、そこから個人情報を提供するという流れです。

「査定額次第では売るかもしれない」という方がいれば、ぜひとも活用することをおススメします。

まとめ

一括査定サイト利用後の「営業攻勢」をかけてくる不動産業者への対応についてお話しました。

何をするにせよ、それぞれの立場や考えを知っておくことで、お互いにWin-Winな関係を築けると私は思っています。

一括査定サイトにお金を払っている以上、不動産会社が連絡をしてくるのは当然という視点をまずは持ってください。

無下に扱うのではなく、一度は対応をした上で依頼するかどうかを判断し、断るときはきちんと断る。

この姿勢を持って取り組めば、一括査定サイトのメリットを最大限活用して、マンション売却を成功させられます。

まずは、非常にサポート体制の手厚い「イエイ」や「HOME4U」あたりに一括査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

あなたのマンション売却が成功することを祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です