マンション売る時に一括査定後のしつこい営業電話を回避する方法

この記事では、

売りたい人

新しいマンションへの買い替えを検討中。

ネットで調べてると、まずは一括査定サイトを活用するといいみたい。

でも、査定依頼をかけた後に、たくさん営業電話がかかってくることがあるとか。

一気に電話が鳴りやまなくなる状況は避けたいな・・・。

そういった方の疑問に答えていきます。

一括査定サイトは、ここ10年ほどで生まれた便利なサービスです。

ネットで物件の情報と個人情報を入力すれば、まとめて複数の会社に査定を依頼できます。

ただ、複数の不動産会社から一気に電話がかかってくると、依頼をしたくても対応が面倒に感じてしまうはず。

この記事ではそういった方に向けて、

  • ・なぜ不動産会社は一括査定後すぐに電話をかけてくるのか
  • ・未然に電話攻勢を緩和する方法
  • ・査定後に電話攻勢にあった場合の対処法

の3つのポイントを中心に記事を書いていきます。

一括査定サイトを活用して、希望売却以上で売れた体験を持っている人はたくさんいます。

その一括査定サイトのデメリットをできるだけ排除してメリットを活用し、マンション売却を成功させましょう!

1、なぜ不動産会社は一括査定後すぐに電話をかけてくるのか

「一括査定サイトに登録した後、すぐに不動産会社から連絡がかかってきた」という話は、ネット上でよく見かけます。

なぜ、不動産会社はそんなに焦って連絡をよこすのでしょうか?

理由は簡単で、「他の不動産会社に契約を取られたら自分たちの収益が無くなるから」です。

下の図を見てください。

不動産会社は、一括査定サイトから売却希望者の情報をもらう代わりに報酬を支払っています。

売り主に対して簡易の査定結果を提示したり、実際に訪問して査定結果を出したとしても、その行動に対しての報酬は0円。

なぜなら不動産会社は売買契約を成立させて初めて、仲介手数料という名の収益が発生するからです。

不動産会社からすれば、一括査定サイトに先にお金を払っている分、売買を成立させなければ費用だけがかさんでいきます。

不動産会社は、売り主が他の不動産会社にも査定依頼を送っていることを知っているため、少しでも早くアプローチしたいのです。

これが一括査定を利用した後に、不動産会社がすぐに電話をかけてくるカラクリです。

電話をかけてくること自体は悪いことではない

ここで一つ勘違いしないで欲しいのが、「不動産会社が電話をすぐにかけてくること=悪いことではない」ということ。

本当にマンションを売却したいと考えているなら、早く不動産会社に相談ができて売却を進められるのはありがたい話です。

「売るつもりは全くないけど、いくらで家が売れるのかだけ知りたい」といった理由で査定依頼をした人がいたとします。

そのあとにたくさん電話がかかってきてクレームを言っている人がいたとしたら、悪いのは依頼者自身です。

一括査定サイトのイエウールは、査定を行う最後のステップで下記のような注意文を設置しています。

【ご利用の注意】
下記に該当される方には当サービスのご利用はご遠慮いただいております。何卒ご了承頂けますようにお願い致します。
(1)不動産を売却する予定・意思が全くない方
(2)査定物件の所有者ではなく、所有者の了承を得てない方
(3)物件価格の調査が目的の不動産会社および弁護士・司法書士の方
(4)既に特定の不動産会社と専属専任媒介契約を締結している方
(5)同日中に弊社以外の不動産一括査定サイトで査定を行った方

引用: 不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」

「売却意思がない人はそもそも一括査定サイトを利用するな」ということです。

この記事で問題にしているのは、

・非常識な時間帯に連絡をかけてくる

・つながらないからといって立て続けに連絡をしてくる

・依頼を断っているのにしつこく連絡をかけてくる

といったモラルが低い不動産業者の電話営業なので、その点を間違えないように気を付けて下さい。

MEMO

「売却の意思はないけど、家がいくらで売れるかだけ知っておきたい」という人がいれば、HOMESの匿名査定を活用してみてください。

物件の情報だけを入力すれば査定の結果がわかるので、個人情報を開示する必要がありません。

もちろん営業電話もかかってきませんよ!

2、一括査定後の電話攻勢を防ぐための3つの方法

続いて、一括査定後の電話攻勢を防ぐための具体的な方法を3つ紹介しておきます。

1、査定を依頼する件数を減らす

先ほども伝えた通り、査定した後に電話が来ること自体は悪いことではありません。

複数社にまとめて査定依頼をかけた時に、一気にすべての会社から連絡が来て、電話が鳴りやまないといった事態は面倒ですよね?

であれば、一度に査定依頼をする会社数を減らせばいいのです。

6社や10社といった数でまとめて依頼をするから、面倒なことになるわけなので。

査定可能な不動産会社がピックアップされた時点で、ある程度絞り込んで依頼してみましょう。

2、利用する一括査定サイトを見極める

「断ってもしつこい電話をかけてくる、夜間に電話をかけてくる」など非常識な不動産会社に依頼をしてしまった場合、使用する一括査定サイトを間違えている可能性があります。

というのも一括査定サイトの中でも優良なサイトと、そうでないサイトが混じっているのです。

一括査定サイトはここ最近急激に増えており、50ほどの種類があります。

誰でも知っている大手企業が運営するサイトから、数人のベンチャー企業が作った模倣サイトまで様々です。

たまたま広告で見つけた査定サイトで依頼をしてしまうと、面倒な目に合う可能性があります。

そのため、利用する一括査定サイトをきちんと選ぶ必要があるのです。

筆者がおすすめする一括査定サイト「HOME4U」

40以上のサイトを比較してきた筆者がイチオシする一括査定サイトが「HOME4U」です。

その理由は大きく3つ。

  1. 日本で一番最初の不動産一括査定サイト(運営歴17年)
  2. NTTデータグループが運営しているから情報セキュリティも安心
  3. 全国から厳選した1000社の優良企業に査定を依頼できる

フリーダイヤルでの相談窓口も設置されており、ネットが苦手な人にとっても利用しやすい環境を整えています。

提携先が2000社近い査定サイトが多い中、無闇に提携先を増やすのではなく、信頼のおける1000社に絞って提携している点も好感が持てますね。

実績、安心感ともに信頼のおける査定サイトなので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

3、コメント欄でメール連絡を希望する旨を伝える

最後は、電話ではなくメールで連絡を希望する方法です。

一括査定サイトの入力フォームでは、ほとんどの場合最後に自由記述の「コメント欄」が設けられています。

このコメント欄に、「電話ではなく、すべてメールでの査定結果連絡をお願いします」と記入しておきましょう。

ただ、このコメントに書いたからと言って、100%不動産会社から連絡がないわけではありません。

会社の方針で「絶対に電話で連絡をしろ」と指導を受けている場合もあり、実際に体験した方もいます。

しかし、まったく何も書かないよりかは効果が見られますし、一部の会社だけでもメールでの連絡に切り替えてくれれば、対応はかなりスムーズになるはずですから。

 

~今月の人気記事~

570万円以上損をしてしまうことも!?

不動産査定サイトを使わないと大損をしてしまう理由と35サイト徹底比較

3、しつこい電話攻勢を受けてしまった時の3つの対処法

さきほどの対処法を用いても、しつこい電話攻勢を受ける場合があるかもしれません。

実際にその場面に遭遇してしまった場合の対処法も、併せてお伝えしておきます。

1、きっぱりと電話口で断る

シンプルですが、一番手っ取り早いのはこれです。

まず、断っているのに何度も電話連絡が来る人の傾向として、「曖昧な返答をしている」ことが挙げられます。

「将来的には売るかもしれないけど、今は売らない」

「悩んでいるけど、たぶん売らない」

こういった返答ではいくらでも付け込まれます。

押せばまだいけるのではないかという余地を残すと、粘られてしまうのです。

「今は売りません。」

「他の担当者に決めたので。」

とはっきり依頼する可能性がないことを伝えましょう。

これ以上頼んでも無駄と感じれば、相手も連絡してくることはありません。

2、メールで断りをいれる

とはいえ、電話口ではっきりと断れない人も多いはず。

相手の営業マンは売ることに関しては「プロ」ですから、相手のペースに押されてしまいがちです。

そんな時は、メールで断りの連絡を入れましょう。

電話はもう出なくてもOKです。

この時に、担当者ではなくその会社に断りの連絡を入れるといいでしょう。

担当者だけでは、性格次第でまたかけてくる可能性もありますから。

3、査定サイトにクレームをいれる

はっきりいっても、メールで連絡をしてもしつこい電話攻勢をやめない場合、査定サイトにクレームを入れましょう。

ほとんどの査定サイトのHPでは、問い合わせフォームが用意されています。

そこから、どの会社のなんという担当者がしつこく電話をかけてくる旨を伝えましょう。

査定サイト側から連絡があれば、その会社も態度をあらためるはずです。

査定サイト側に悪質業者として目を付けられれば、掲載が取りやめられてしまうリスクがあるので。

まとめ

今回の記事では、一括査定サイトを利用した後に業者から電話での連絡が止まらないようなケースの対処法についてお話しました。

もう一度おさらいをしておきます。

<未然に電話攻勢を避ける3つの方法>

・査定を依頼する件数を減らす

・利用する一括査定サイトを見極める

・コメント欄にメールでの連絡を希望する旨を書く

<電話攻勢に遭ってしまった場合の3つの対象法>

・きっぱりと電話口で断る

・メールで断る

・査定サイトにクレームを入れる

一括査定サイト自体は優秀なサービスですが、一部のモラルの低い不動産業者の存在がデメリットになることがあります。

最初に利用する一括査定サイトを見極め、この記事のポイントを押さえておけば、一括査定サイトのメリットのみを享受できますよ!

あなたのマンション売却が成功することを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です